GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FENCE-Mail For Gateway 機能

メール無害化、自動暗号化、個人情報チェックで安全かつ快適なメール環境を提供

既存のメール環境やネットワークインフラを大きく変更することなく容易に導入できます。クライアント端末にエージェントを導入する必要はありません。

  • メール無害化
    受信したHTMLメールをテキスト化し、メールに添付されたファイルを自動で削除や転送、ウィルスチェックが可能です。 さらに、受信メールに含まれるIPアドレス/URLの信頼性をチェックし悪意のあるメールを無効化します。
  • メールチェック
    設定したルールに従って、メール本文や添付ファイルの中にある個人情報やお客様指定の語句を自動的にチェックします。個人情報などが検出された場合、メールを中断または一旦保留します。
  • メール暗号化
    送信するメール本文や添付ファイルを自動でパスワード付き暗号化ファイルにすることができます。
  • 管理者サポート
    柔軟なポリシー設定やログ管理機能などを提供します。

メール無害化

htmlメールのテキスト化を行います。htmlのURLリンクをテキスト化して表示しリンクを無効化

メール無害化

自動で添付ファイルの削除、転送が可能

添付ファイルを削除し、メール本文に管理者の指定したメッセージを追加できます。FENCE-Works連携をしている場合、FENCE-Worksサーバへ添付ファイルを自動で転送が可能です。
※FENCE-Works連携を行う場合、別途FENCE-Worksをご購入いただく必要がございます。

IPアドレス/URLの信頼性をチェック

受信メールに含まれるIPアドレス/URLの信頼性をチェックします。信頼度が低い場合は、情報追加を行い受信者は受信/中断を選択します。
※「IPアドレス/URLの信頼性をチェック」はオプション機能です。

メールチェック

送信ルールに違反したメールを中断または保留し、確認後送信します

メール本文や添付ファイルの中にある個人情報やお客様指定の語句を自動的にチェックします。個人情報などが検出された場合、メールを中断または一旦保留します。

承認者がBccに含まれていない場合の動作が指定可能

送信メールのBccに承認者が含まれていなかった場合、「自動的に承認者を追加」したり「メールを保留」する事が可能です。これにより、メールが送信された事を確実に承認者に知らせる事ができます。

マイナンバー制度対応

本文や添付ファイルの内容に、マイナンバーや法人番号など特定の形式に該当する情報が含まれている場合、メールの送信中断・保留が可能です。

メール暗号化

メールを自動でパスワード付きの暗号化ファイルにします

メール本文と添付ファイル、または添付ファイルのみをパスワード付き暗号化ファイルやFENCEブリーフケースとして安全に送信することができます。
送信ファイルは、受信者の環境に応じて5つの暗号化形式から選択できます。

暗号化ルールごとに本文への文字列追加

FENCE-Mail For Gatewayでは、送信されるメールに文字列を追加することが可能ですが、追加される文字列を暗号化ルールごとに変えることができます。例えば次のような運用が可能です。

  • 社内ドメイン向けメールの場合は、パスワードのヒントを挿入
  • グループ会社向けメールの場合は、暗号化ファイルの復号手順を挿入
    また、FENCEブリーフケース復号サイトの案内文を挿入
  • 社外ドメイン向けメールの場合は、セキュリティ対策のアピール文を挿入

暗号化ルールごとに本文への文字列追加

暗号化を意識せずに重要データの取扱が可能

FENCE-Mail For Gatewayに加えてFENCE-Pro注1が導入されている環境(本社と支店間など)で は、暗号鍵を共通化しておくことで、パスワードを入力することなく、FENCEブリーフケース形式のファイル(暗号化)を直接編集して更新することができます。
注1:重要なファイルを「暗号化」するクライアントソフトウェアです。

管理者サポート

簡単導入

社内に設定しているメールシステムにFENCE-Mail For Gatewayを追加するだけで、メールから情報漏洩対策を実施することが可能。端末に専用ソフトが必要なく、コストメリットも高いです。組織・ユーザー情報はActiveDirectory®から取り込むこともできます。

柔軟な暗号化ポリシーの設定

  • メール利用用途に従って、柔軟な暗号化ポリシーの設定が可能
  • 管理者が定めるポリシー範囲内で、一般利用者に一部のポリシー変更を許可

ログ管理

  • 送信したメールログをCSV形式のログファイルまたはデータベースで保管可能
  • CSV形式のログファイルは、設定により暗号化も可能

フィルタリング設定

  • 送信メールを対象に、送信ルールを設定可能
  • 送信ルールには、「To、CCに含まれる送信先件数」、「添付ファイル名、件名に含まれるキーワード」、「添付ファイルの拡張子」、「送信先ドメイン」の指定が可能
  • 送信ルールに違反したメールの「保留」・「中断」が可能
  • 送信したメールを対象に、「送信済」・「保留中」・「中断」などの運用状況を管理可能
管理画面例

管理画面例

拡大イメージ (158 KB)

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

「FENCE-Explorer」(無償)ダウンロード

FENCE-Pro、FENCE-Mail For Gateway及びFENCE-Worksで作成されたFENCEブリーフケース形式のファイル(.fpbx)を閲覧・編集するためのツールです。

GTM-TGJ93T