GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FENCE-Mail For Gateway 動作環境

本製品はサーバ製品です。クライアント端末にエージェントを導入する必要はありません。

FENCE-Mail For Gateway V4

対応OS Red Hat® Enterprise Linux® 7(for x86_64)
CPU Intel® Xeon® プロセッサー E3-1205v6 以上
メモリ 1GB以上(2GB以上推奨)
HDD 10GB以上の空き容量が必要
必須ミドルウェア ・Postfix 2.10以降
・Java® Runtime Environment (JRE) 8 Update 45
・PHP Ver5.4.16
・PostgreSQL Ver9.2
その他 CD-ROMドライブ(インストール時必要)

注:メールの流量により動作環境の個別見積もりが必要となります。詳細はお問い合わせください。
注:その他の仮想環境上での動作もサポートしております。詳細はお問い合わせください。
注:保留メールやメール詳細画面などはWindows®のスマートデバイスからのアクセスも可能です。
注:保留メールやメール詳細画面のほか、管理者画面も含め英語・中国語に対応しています。
注:必須ミドルウェアはフリーソフトです。フリーソフトは当該フリーソフトのライセンス条件に従い、
  お客様の責任において入手、ご使用ください。

動作確認Webブラウザ

クライアントは以下のWindows®上のWebブラウザで動作を確認しております。

Webブラウザ Microsoft® Internet Explorer® 11
FireFox®
Microsoft Edge® 25

注:FireFox®のバージョンについてはお問い合わせください。

 注:その他詳細は、注意事項をご確認ください。
 注:掲載している情報は、2019年1月31日現在のものです。



お客様の現メール運用環境に「FENCE-Mail For Gateway」を追加するだけで、メール無害化、個人情報チェック、メール自動暗号による誤送信が簡単に実現できます。

導入イメージ

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T