注意事項

利用環境について

  • 日本語ドメインを利用した環境はサポートしておりません。
  • IPv6環境はサポートしておりません。
  • Webブラウザで設定を行う場合、JavaScriptを有効にする必要があります。

アプリケーションについて

以下のWindows®上のWebブラウザで動作を確認しております。

  • Microsoft Edge®
  • FireFox®
  • Google Chrome®

各ブラウザの対応バージョンについては、本製品のサービスデスクへ問い合わせてください。

メールの添付ファイルの制限

  • メールソフトの“添付ファイルの分割機能”を利用した場合、添付ファイルとして扱われないため、暗号化の対象になりません。
  • HTML 形式のメールに挿入した画像は、メールフォーマットや他の添付ファイルの有無により暗号化される場合とされない場合があります。
  • RFC2231 の添付ファイル名が解析できないメールソフトを利用してFENCEメール誤送信対策サービスで暗号化されたメールを受信した場合、添付ファイル名が文字化けすることがあります。
  • 添付ファイルのエンコード形式が 7bit および quoted-printable の場合、改行コードが CR+LF に変換されることがあります。
  • 添付ファイルのエンコード形式が quoted-printable の場合、テキスト形式および HTML 形式の添付ファイルの改行コードがなくなることがあります。また、添付ファイルの終端に“=”が付与されることがあります。
  • 機種依存文字を含む添付ファイル名を利用した場合、機種依存文字は"_"に変換されることがあります。
  • 添付ファイル名がUTF-8形式で256バイト、またはSHIFT-JIS形式で201バイトを超えるメールはサポートしておりません。
  • メールサイズの上限は、Base64エンコード後のサイズで32Mbyteとなります。
  • リッチテキスト形式で作成した外部宛のメール環境をご利用の場合は、FENCEメール誤送信対策サービスではサポートしておりません。
  • 添付ファイル名がUTF-8形式で155バイトを超えた場合、メールの詳細情報確認画面から添付ファイルを参照した際に、添付ファイル名の先頭の文字が欠けることがあります。

文字コード/エンコード/メール形式の制限

  • mimeメッセージ形式のみ対応しています。
  • メール送信の形式はテキスト形式、HTML形式のみ対応しています。
  • メール本文を暗号化の対象にする場合、テキスト形式を含まないHTML形式のメールはサポートしておりません。
  • メール送信の形式がテキスト形式を含まないHTML形式の場合、保留メールの詳細情報確認画面におけるメール本文の表示はサポートしておりません。
  • メール(ヘッダ/本文/添付ファイル名)で使用する文字コードは、us-ascii、iso-2022-jp、SHIFT-JIS、UTF-8(UTF-8に存在するJIS X 0208の範囲)、gb2312 のみ対応しています。
  • gb2312のメールでは以下の注意が必要となります。
    • パスワード付きZIP以外の暗号方式には対応していません。
    • 本文暗号には対応していません。
    • パスワード付きZIPでgb2312を扱う場合、zip内の文字コードをutf-8に設定変更する必要があります。 ただし、文字コードをutf-8に変更した場合、zipの解凍ツールによっては日本語zipについてもファイル名を確認できなくなる可能性があります。
  • メール本文のエンコード方式は Base64、7bit、quoted-printable のみ対応しています。
  • 添付ファイルのエンコード方式は Base64、7bit、quoted-printable のみ対応しています。
  • 機種依存文字を含むメールヘッダの使用はサポートしておりません。
  • 件名が 998 バイトを超えるメールはサポートしておりません。
  • テキスト形式を含むHTML形式のメール(ヘッダ/本文)の場合、メール監査オプションの設定で制限した項目は、1件につき2件としてカウントされます。

その他の制限

  • メールアドレスおよびドメイン名について、大文字/小文字の区別を行います。
  • メールアドレスについて、quoted-string形式はサポートしておりません。また"."(ドット)は先頭以外で使用可能となります。
  • 電子署名を利用したメールについてはサポートしておりません。
  • メールソフトの送信者名に記号を利用している場合、メールの詳細情報確認画面のFROMが正常に表示されないことがあります。
  • 以下の特定条件に合致したメールが、FENCEメール誤送信対策環境に送信されてくる事象を検出した場合、対象のメールを保留することがあります。
    [特定条件]
    同一の送信元(例:A@ABC.com)から同一の送信先(例:B@XYZ.com)へ、3分あたり200通以上送信されるメール(メールの自動転送設定する場合に発生することがあります)で、FENCEメール誤送信対策サービスの保留対象となっている場合。
  • FENCEメール誤送信対策サービスから、お客様メール環境に対し、パスワード通知メールなどの各種通知メールを送信します。お客様メール環境において、迷惑メール対策として、「送信ドメイン認証: SPF」(Sender Policy Framework)方式をご利用されている場合、お客様が運用されているDNSの「SPFレコード」に、以下情報を追加登録いただくことで、FENCEメール誤送信対策サービスをご利用可能となります。

    [登録例]
    (△は半角の空白)
    お客様ドメイン△IN△TXT△
    "v=spf1 include:spf.fence-mail.bsc.fujitsu.com ~all"

    ※お客様ドメインはメールアドレスの"@"以降の文字列の最後に「.」を付加したものを指定 ex) メールアドレスが bsc-fmc-sd@cs.jp.fujitsu.com の時は、SPFレコードに記載する ドメインは「cs.jp.fujitsu.com.」
    ※SPFレコードを複数登録することはできませんので、既にSPFレコードが定義されている場合は、1レコードにまとめてください。

  • ご利用環境のファイアウォール等ネットワーク機器にてフィルタリングをしている場合、以下の許可をお願いします。

    ①ご利用環境からFENCE メール誤送信対策サービスにメール送信するためファイアウォールのアウト方向で、以下の宛先を許可
    FQDN: fence-mail.jp.fujitsu.com

    参考情報として、IPアドレスは以下となります。
    133.162.234.196, 133.162.151.83

    ※上記IPアドレスは、2021年2月時点のものです。
    将来、基盤の増強やDR対策等で、IPアドレスが変更になる可能性があります。

    FENCE メール誤送信対策サービスからシステム通知メールを受信するためファイアウォールのイン方向で、以下の発信元を許可
    spf.fence-mail.bsc.fujitsu.comのTXTレコードのIPアドレスを許可

    参考情報として、IPアドレスは以下となります。
    133.162.234.196, 133.162.151.83, 133.162.177.32/28, 133.162.121.208/28

    ※上記IPアドレスは、2021年2月時点のものです。
    将来、基盤の増強やDR対策等で、IPアドレスが変更になる可能性があります。

FENCE-Explorerについて

FENCE-Explorerの使用条件については、FENCE-Explorerをインストールする際に表示される「使用権許諾書」の内容をご確認ください。

FENCE-Explorer(FENCE-Explorer操作説明書含む)の最新版は当社ホームページからダウンロードすることができます。
https://www.fujitsu.com/jp/group/bsc/services/fence/downloads/

メール監査オプションの制限

  • 以下のファイル形式についてテキスト抽出することができます。
    • Microsoft® Word 95, 97, 98, 2000, 2002, 2003, 2007注1, 2010注1, 2013注1, 2016注1, 2019注1
    • Microsoft® Word 98, 2001, 2004, 2008, 2011, 2016, 2019 for Mac
    • Microsoft® Excel® 95, 97, 2000, 2003, 2007注2, 2010注2, 2013注2, 2016注2, 2019注2
    • Microsoft® Excel® 98, 2001, 2004, 2008, 2011, 2016, 2019 for Mac
    • Microsoft® PowerPoint® 95, 97, 2000, 2002, 2003, 2007注3, 2010注3, 2013注3, 2016注3, 2019注3
    • Microsoft® PowerPoint® 98, 2001, 2004, 2008, 2011, 2016, 2019 for Mac
    • Microsoft® Visio® 2002, 2003, 2007, 2010注4, 2013注4, 2016注4, 2019注4
    • Acrobat® 4.0, 5.0, 6.0, 7.0, 8.0, 9.0, X, XI, DC, 2017 (一部未対応の形式があります。)
    • PDF 1.2, 1.3, 1.4, 1.5, 1.6, 1.7注5
    • 一太郎® Ver.5~Ver.13, 2004~2019
    • OASYS注7 V6, V7, V8, 2002注6
    • Lotus® Word Pro 2001注7
    • テキスト文書 JIS, EUC, SJIS, UTF-8, UTF-16, RTF, HTML, XML, SGML
    • ODF 1.0, 1.1, 1.2(ワープロ・表計算・プレゼンテーション)
    注1:対応拡張子は、docx, docm, xpsです。
    注2:対応拡張子は、xlsx, xlsm, xlsb, xpsです。
    注3:対応拡張子は、pptx, ppsx, ppsm, xpsです。
    注4:対応拡張子は、vsd, vstです。
    注5:1.0, 1.1 は対象外となります。
    注6:対応拡張子は、oa2です。
    注7:テキスト抽出は可能ですが、サポート対象外です。
  • Microsoft® 365について、以下のバージョンで動作を確認しています。
    • デスクトップアプリ:Office バージョン1912(ビルド12325.20298)
    • Office Online App: Microsoft® Word 16.0.12516.33703
    • Microsoft® Excel® 16.0.12515.35902
    • Microsoft® PowerPoint® 16.0.12516.35433
  • 以下のアーカイブファイルに対応しています。
    gzip, tgz, zip, lha, rar, bzip2, tar, gnutar
  • 住所制限は、47都道府県名、市町村名約3900件、区名約100件の辞書を元に判別を行っています。
  • 人名制限は、約1000語の人名辞書を元に判別を行っています。
  • メールアドレス制限は、文字列がメールアドレスとして成立する場合に、特定のTLDに所属するものに対し判別を行っています。
  • 電話番号制限は、電話番号パターンを21パターン用意しており、パターンとマッチしたものを電話番号として判別を行っています。
  • パスワードの有無が判別可能なファイルの種類は以下となります。
    • Microsoft® Word 95, 97, 98, 2000, 2002, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019
    • Microsoft® Word 98, 2001, 2004, 2008, 2011, 2016, 2019 for Mac
    • Microsoft® Excel® 95, 97, 2000, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019
    • Microsoft® Excel® 98, 2001, 2004, 2008, 2011, 2016, 2019 for Mac
    • Microsoft® PowerPoint® 95, 97, 2000, 2002, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019
    • Microsoft® PowerPoint® 98, 2001, 2004, 2008, 2011, 2016, 2019 for Mac
    • Acrobat® 4.0, 5.0, 6.0, 7.0, 8.0, 9.0, X, XI, DC, 2017 (一部未対応の形式があります。)
    • PDF 1.2, 1.3, 1.4, 1.5, 1.6, 1.7
    • ODF 1.0, 1.1, 1.2 (ワープロ・表計算・プレゼンテーション)
    • アーカイブファイル zip, rar

注:掲載している情報は、2021年5月現在のものです。

ページの先頭へ