GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FENCEメール誤送信対策サービス 機能

メールの誤送信を防ぐことやメールの暗号化で情報の流出を防ぐFENCEメール誤送信対策サービスの機能紹介です。
自動暗号化、フィルタリング、個人情報チェック、上長承認フロー、管理機能について説明します。

自動暗号化

メール送信時に自動で添付ファイルを暗号化します。また、添付ファイルだけでなくメール本文も暗号化が可能です。

暗号化形式の使い分け

添付ファイルの暗号化にはZIP形式、自己復号形式、FENCEオリジナルの暗号化形式(FENCEブリーフケース)の3種類が選べます。
受信者によって暗号化形式を設定し、それぞれの暗号化形式の特徴に合わせた使い分けを行うことで、情報の流出リスクをより抑えることができます。

自動暗号化(暗号化形式の使い分け)
添付ファイル
暗号化の種類
ファイルアクセス 暗号化の
方式
自動消去
機能
情報持ち出し抑止機能
製品
の暗
号鍵
任意
パス
ワード
パス
ワー
ド誤
入力









クリッ
プボ
ード
への
コピー
Print
Screen
FENCE
ブリーフケース
端末に復号すること
なく編集が可能
編集後は再暗号化
自己復号形式 端末に復号する
必要あり
× × × × ×
ZIP形式 端末に復号する
必要あり
× × × × × × ×

復号パスワード自動送信

復号パスワードの通知は、自動で時間差通知されます。時間差は0-99999分の間で自由に設定可能です。
これまで電話や別途メールなどの手段で復号パスワードを通知する手間がなくなります。
また、メールの誤送信に気が付いた場合は、復号パスワードの通知メール送信よりも前に受信者への自動送信を抑止することも可能です。

自動暗号化(復号パスワード自動送信)

フィルタリング

社内・顧客先などにメールを送信する際、送信先のドメインや送信先件数などを制限する特定のルールにより、送信を一時保留できます。

設定できるフィルタールール
・ 送信先件数制限 ・ 添付ファイル制限 ・ 暗号化添付ファイル制限
・ メールヘッダ制限 ・ キーワード制限 ・ 添付ファイル拡張子制限
・ 送信先ドメイン制限 ・ 承認者追加制限  
 

「送信先件数制限」では、事前にポリシーとして設定した宛先(To,CC)の件数を超えた場合、 宛先(To,CC)情報をBccへ強制的に設定することが可能です。

フィルタリング

個人情報チェック

送信メールのヘッダや本文、添付ファイルの個人情報を自動でチェックします。チェック項目ごとに 設定したポリシーに違反する個人情報が含まれていた場合、メールの送信を停止します。
これによって、個人情報を不正に外部へ送信しようとしているメールを制限し、情報漏えいのリスクを減らします。

個人情報チェック

上長承認フロー

予め設定した送信ルールに一致したメールを中断、または保留し、承認者が内容を確認後メールを送信することができます。
承認者がチェックすることで、誤送信や不正持ち出しを防ぎます。
承認者をBccに自動で追加する機能で、承認者の負担を軽減しログだけ残す運用も可能です。

上長承認フロー

管理機能

管理機能としては、ユーザー管理やポリシー管理、ログ管理が可能です。
ユーザー管理ではAzure® Active Directory®連携が可能なため、人事異動にもシームレスな運用ができます*1     *1 … 2019年度2Q提供予定
ポリシー管理では自動暗号化の設定とフィルタリングの設定ができます。
ログ管理では送信メールの状況、適用ポリシーの状況を管理コンソール上で確認できます。送信メールのログ情報はCSVでダウンロード可能です。
フィルタリングや個人情報チェックにより、保留されたメールに対する承認ログを確認することも可能です。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

「FENCE-Explorer」(無償)ダウンロード

FENCE-Pro、FENCE-Mail For Gateway、FENCEメール誤送信対策サービス及びFENCE-Worksで作成されたFENCEブリーフケース形式のファイル(.fpbx)を閲覧・編集するためのツールです。

GTM-TGJ93T