GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FENCE-AP 機能

PC操作を不可とし、不正利用を防止

PCロック機能

PCに電源を入れWindowsを起動する際や、PCからUSBキーを抜いたときに、PCロック機能が働きます。PCロック機能は、USBキーで認証するまで画面/キーボード/マウスがロックされ、一切の操作を受け付けません。

PC起動時の認証の流れ

離席時の認証の流れ

利用者を特定してPCアクセスを管理

所有者限定端末

USBキーに利用者を事前に設定することにより、PCの利用者を所有者のみに限定します。1人に1台PCを配布し、厳密に利用者管理を行うような運用に最適です。

グループ共有端末

USBキーのグループ種類を事前に設定することにより、PCの利用者をグループ(特定の複数利用者)に限定します。専門業務に使用する端末など、限られた複数の利用者のみがアクセスできる環境を実現できます。
所有者限定端末/グループ共有端末

共有端末

PCの利用者を限定せず、USBキーを持ちPINコードを知らせたユーザなら誰でもアクセスできます。一定のセキュリティ対策が求められる一般社員向けの端末や、端末の所有者が頻繁に変わる持ち出し用PCなどに最適です。

連携機能の充実とトレース機能で操作情報を管理

暗号化との連携

PCロックを解除したトークン(USBキー)に応じて、暗号化(FENCE-Pro)のポリシーを自動的に適用します。
暗号化・持ち出し制御との連携

Windows ログオンとの連携

USBキーに利用者のWindowsログオン情報を登録しておくことで、PCの起動時にWindowsへのログオン認証を省略することができます。

トレース機能

いつ、どこで、誰がWindowsへログオンしたかなど、FENCE-APに関連した認証動作をすべて記録し、ネットワーク上の共有フォルダやローカルフォルダに出力、履歴管理します。
操作内容が監視されている環境は、情報漏洩に繋がる操作や業務外の端末利用に対する利用者の心理的抑止効果が期待できます。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T