ご利用中のお客様へ

サポート契約

サポート契約(有償/年間)をしていただくことで、製品の導入やご利用に関するお問い合わせが可能となります。
また、Windows®がアップグレードされた際は製品の最新バージョンを無償でご提供します。
最新バージョンでない場合は、製品が正しく動作しなくなるなど、ご利用において不都合が生じることがあります。

バージョンアップ情報

    • 更新年 / 月バージョン内容
      2016年8月V08L02
      • Windows® 10対応
      2015年12月V08L01
      • Windows® 7 (64bit)対応
      • Windows® 8.1対応
      • Windows® 8対応
      • PIN入力画面でのスクリーンキーボード対応
      2015年1月V06L01
      (リビジョンアップ)
      • ePass1000ND対応
      2010年4月V06L01
      • Windows® 7 対応
      2008年8月V05L02
      • Windows Vista® 対応
      2007年1月V05L01
      • USBキーの抜き差し時に発生するPCロックを使用するかどうか設定する機能の付加
      • 指定した複数人に限定し、PC利用を可能にする機能の付加
      • USBキーをグループ単位で識別し、指定したグループ以外のUSBキーの使用を制限する機能の付加
      2006年1月V04L02
      • セーフモード時にパスワードによるPC操作制限解除機能を付加しました。
      • 利用者の認証ログを任意の場所へ出力する機能を付加しました。

      以下の注意事項について解消しました。
      [Windows® 2000 / XP]

      • 本製品の使用中は、Windows®の”ローカルセキュリティポリシー”の”セキュリティオプション”において、”対話型ログオン:Ctrl+Alt+Delを必要としない”を有効にしないでください。
      • 「セーフモード」「セーフモードとネットワーク」および「セーフモードとコマンドプロンプト」で起動した場合、PCロックの解除ができません。
      • 本製品はレジストリUserinit を書き換える他のソフトウェアと併用することはできません。

      [Windows® 98SE / Me]

      • PCを複数のユーザーで使用するように設定し、ユーザーの一覧からすべてのユーザーを削除した後でFENCE-AP をインストールした場合、ログオンできなくなるのでご注意ください(インストール後にすべてのユーザーを削除した場合も、ログオンできなくなります)。
      • FENCE-AP インストール後は、ログオン時の新規ユーザーの作成およびパスワードの変更はできません。
      • セーフモードでの起動時にネットワーク関連の設定を操作すると、ネットワークプロバイダーの設定がWindows®によって上書きされ、次回起動時のログオンでエラーとなります。この場合、FENCE-AP の再インストールが必要となります。ネットワークの設定操作は通常モードで行ってください。
      2005年5月V04L01
      • Windows®ログオン連携機能を付加しました。
      • トレース機能を付加しました。
      2004年12月V02L01
      • 初回リリース

注意事項

注意事項をこちらに記載しています。ご利用前にご確認ください。

よくある質問

よくある質問は こちらをご確認ください。

以前のバージョンのよくある質問はこちらです。

(注)以前のバージョンの「よくある質問」に記載されている内容は、製品提供開始当時の情報です。
また、以前のバージョンの「よくある質問」 から 「注意事項」「動作環境」 などのページへリンク移動した場合は、最新バージョンの内容が表示されますのでご注意ください。

ページの先頭へ