GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. FENCEシリーズ >
  4. よくある質問 >
  5. FENCE-Pro>
  6. FENCE-Pro V8 についてのよくある質問(運用)

FENCE-Pro V8 についてのよくある質問
運用

  1. FENCE-Pro のバージョンアップ内容を教えてください。
  2. 現在FENCE-Pro V06L01を持っていてサポートサービス契約中ですが、バージョンアップは無償ですか。
  3. FENCE-Proを運用する上で管理サーバは必要ですか。
  4. 外部メディアに暗号化されたファイルと平文のファイルをそれぞれ格納したいのですが、そのような運用は可能でしょうか。
  5. ”送る”メニューを選択したが、FENCE-Pro 圧縮のメニュー項目が表示されません。
  6. 自動暗号フォルダに割り当てている鍵の変更は可能でしょうか。
  7. 有効になっている鍵を無効にするにはどうすれば良いのでしょうか。
  8. バックアップについて教えてください。
    自動暗号が有効なときに、自動暗号フォルダ内のファイルをバックアップとして他フォルダにコピーした場合、ファイルは復号され平文となります。
    暗号化された状態でファイルをバックアップする方法はありますか。
  9. 1台のパソコンを複数のユーザで利用している場合の運用方法を教えてください。
  10. 複数パソコン上の鍵の情報や、Windowsログオン連携の情報を一元管理したいのですが可能でしょうか。
  11. すでに存在するフォルダを自動暗号フォルダにする手順を教えてください。
  12. ネットワーク共有フォルダを自動暗号フォルダにすることは可能でしょうか。
  13. FENCE-Pro を導入していない相手に対して暗号化されたファイルを渡すことはできるのでしょうか。
  14. 「終了」メニューの実行やタスクマネージャーからFENCE-Pro を終了した場合、暗号鍵の状態はどのようになりますか。
  15. 登録可能な設定数(暗号鍵、自動暗号フォルダの設定、Windowsログオン連携の設定、シーンセレクトの設定)に制限はありますか。
  16. 同時に有効化できる設定数(暗号鍵、自動暗号フォルダの設定)に制限はありますか。
  17. 暗号鍵の値を忘れた場合、暗号化されたデータの復旧方法はありますか。
  18. パソコン起動後、すぐに暗号設定を有効にする方法はありますか。
  19. 自動暗号フォルダの名前を変更することはできますか。
  20. タスクトレイのアイコンやメニュー項目の一部分が表示されていませんが、なぜでしょうか。
  21. CD-R、CD-RWなどの書き込み可能なCDドライブに対して自動暗号フォルダを設定し、暗号データを直接書き込むことはできますか。
  22. FENCE-Pro がインストールされているパソコンでデフラグを実行できますか。
  23. 自動暗号フォルダの設定またはWindowsログオン連携の設定が設定されている鍵の削除方法を教えてください。
  24. Windows標準のバックアップツールで自動暗号フォルダをバックアップできますか。
  25. ネットワークドライブを割り当てたところ、PCログオン時にPCがフリーズ、又は接続エラーが表示されるようになりました。
  26. FENCE-Pro手動暗号(xss)、自己復号形式(exe)、FENCEブリーフケース(fpbx)はどのように使い分ければよいでしょうか。
  27. FENCE-Proに鍵の配布機能はありますか。
  28. 旧バージョンで作成した鍵を続けて使用できますか。また、旧バージョンと新バージョンの鍵の混在は可能ですか。
  29. 鍵の状態に「一時無効」が表示されています。 「一時無効」とはどのような状態ですか。
  30. FENCE-Proと富士通システムズ・ウエスト社製「瞬快」とは共存できますか。

Q 1. FENCE-Pro のバージョンアップ内容を教えてください。           
対応バージョン:V08L01~L03
A バージョンアップ内容は、こちらの「FENCE-Pro バージョンアップ情報」をご覧ください。

Q 2. 現在FENCE-Pro V06L01を持っていてサポートサービス契約中ですが、バージョンアップは無償ですか。
対応バージョン:V08L01~L03
A サポートご契約中のお客様は無償レベルアップが可能です。
またバージョンアップの場合はバージョンアップ価格にてご購入可能です。

例)
FENCE-Pro V06L01をご利用の場合
  • レベルアップ (無償): FENCE-Pro V06L01 →FENCE-Pro V06L02
  • バージョンアップ(有償): FENCE-Pro V06L01 →FENCE-Pro V08L01
<ご参考>
バージョン、レベルは以下からご確認頂けます。
FENCE-Pro VmmLnn
Vmm:バージョン情報、Lnn:レベル情報

Q 3. FENCE-Proを運用する上で管理サーバは必要ですか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 管理サーバは必要はありません。端末にFENCE-Proをインストールすることで単体で利用可能です。
またオプションの「FENCE-Pro V8 ADサーバ」を組み合わせることで、ActiveDirectory®を介した一括管理をすることも可能です。

Q 4. 外部メディアに暗号化されたファイルと平文のファイルをそれぞれ格納したいのですが、そのような運用は可能でしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 可能です。
外部メディア上にフォルダを作成し、自動暗号フォルダとして設定します。
暗号化が必要なファイルは、自動暗号フォルダへ格納することで自動的に暗号化されます。
暗号化が不要なファイルは、自動暗号フォルダ以外へ格納することで平文のまま管理できます。

Q 5. ”送る”メニューを選択したが、FENCE-Pro 圧縮のメニュー項目が表示されません。
対応バージョン:V08L01~L03
A FENCE-Pro V08L01~L03ではFENCE-Pro 圧縮は標準でインストールされません。
インストーラのカスタムセットアップ画面からFENCE-Pro 圧縮を選択しインストールしてください。

Q 6. 自動暗号フォルダに割り当てている鍵の変更は可能でしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 「鍵の変更」は、一旦、対象の自動暗号フォルダの連携設定を削除した後、同じフォルダに再度、設定の追加を行うことで可能になります。

鍵の変更操作は下記の通りです。
  1. スタートメニュー(Windows® 8の場合は「スタート」画面)から”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。

    Windows® 7 の場合



    Windows® 8 の場合



    FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。



  2. 変更したいフォルダを選択し、「削除」ボタンをクリックします。



  3. 「鍵の確認入力」画面で、登録済みの「鍵の名前」「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。
    「鍵の名前」欄で選択した鍵が有効になっている場合は、「鍵の値」欄は、グレーアウトし入力省略となります。



  4. 削除する際にファイルを復号するかを聞いてきます。必ず、「復号する」を選択してください。



  5. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。



  6. スタートメニューから”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。
    FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。



  7. 自動暗号フォルダの設定で「追加」ボタンをクリックします。



  8. 同じフォルダに対して再度、自動暗号フォルダに設定します。その際に新しく有効にしたい鍵を設定してください。
    「OK」ボタンをクリックし設定を変更してください。



  9. 自動暗号フォルダの設定を行った際にファイルを暗号化するかを聞いてきます。必ず、「暗号化する」を選択してください。



  10. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。


Q 7. 有効になっている鍵を無効にするにはどうすれば良いのでしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 「鍵の無効化」の操作は下記の通りです。
  1. タスクトレイにあるFENCE-Pro のアイコン上でマウスの右ボタンをクリックしてメニューを表示させ、「すべての鍵の無効化」を選択することで鍵を無効にすることが可能です。



Q 8. バックアップについて教えてください。
自動暗号が有効なときに、自動暗号フォルダ内のファイルをバックアップとして他フォルダにコピーした場合、ファイルは復号され平文となります。
暗号化された状態でファイルをバックアップする方法はありますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A ≪FENCEブリーフケースを使用する場合≫
手動暗号にて暗号化を行い、アーカイブファイルをバックアップとして保管する方法があります。
手動暗号の詳細は、よくある質問「ファイル暗号」をご覧ください。
※鍵を使用するため、復号にFENCE-Pro が必要です。

「FENCEブリーフケース」の操作は下記の通りです。
  1. バックアップを取りたいフォルダ(もしくはファイル)を右クリックします。「送る」メニューから「FENCE ブリーフケース」をクリックしてください。


     
  2. 「FECNEブリースケースの作成」画面で、ファイルを保存するフォルダを選択し、「ファイル名」に任意の名前を入力してください。
    「保存」ボタンをクリックしてください。


     
  3. 「鍵の入力」画面で、「鍵を使用する」をチェックした上で、登録済みの「鍵の名前」「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。
    「鍵の名前」欄で選択した鍵が有効になっている場合は、「鍵の値」欄は、グレーアウトし入力省略となります。


     
  4. FECNEブリースケースファイルが生成されます。



    作成されたブリースケースファイルをバックアップファイルとして保管してください。



≪FENCE-Pro 手動暗号を使用する場合≫
手動暗号にて暗号化を行い、アーカイブファイルをバックアップとして保管する方法があります。
手動暗号の詳細は、よくある質問「ファイル暗号」をご覧ください。
※鍵を使用するため、復号にFENCE-Pro が必要です。

「FENCE-Pro 手動暗号」の操作は下記の通りです。
  1. バックアップを取りたいフォルダ(もしくはファイル)を右クリックします。「送る」メニューから「FENCE-Pro 手動暗号」をクリックしてください。

  2. 「名前を付けて保存」画面で、ファイルを保存するフォルダを選択し、「ファイル名」に任意の名前を入力してください。
    「保存」ボタンをクリックしてください。



  3. 「使用する鍵の入力」画面で、登録済みの「鍵の名前」「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。
    「鍵の名前」欄で選択した鍵が有効になっている場合は、「鍵の値」欄は、グレーアウトし入力省略となります。



  4. アーカイブファイルが生成されます。
    作成されたアーカイブファイルをバックアップファイルとして保管してください。


Q 9. 1台のパソコンを複数のユーザで利用している場合の運用方法を教えてください。
対応バージョン:V08L01~L03
A 複数人で共有するフォルダと個人のみで使用するフォルダにより鍵の使い分けが必要になります。
複数ユーザで共有する場合は、共有の鍵を作成し、共通の鍵情報でフォルダへアクセスすれば、鍵を所有するユーザ全員で共有できます。
 

共通の鍵を作成


共有フォルダへ共通の鍵でアクセス



共有させたくないフォルダに対しては、個人用の鍵を作成し、個人の鍵情報でフォルダへアクセスするように設定することにより、鍵を持たないユーザはアクセスできなくなります。

「鍵の設定」の操作は下記の通りです。
  1. スタートメニュー(Windows® 8の場合は「スタート」画面)から”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。

    Windows® 7 の場合



    Windows® 8 の場合



    FENCE-Proの設定を表示させ、「鍵の設定」をクリックします。



  2. 「鍵の設定」画面から「追加」ボタンをクリックします。


     
  3. 「鍵の名前」「鍵の値」「鍵の値の再入力」欄に任意の値を入力し、「アルゴリズム」を選択します。「OK」ボタンをクリックし、鍵情報を保存します。



  4. 「鍵の設定」画面で鍵が追加されたことを確認し「閉じる」ボタンをクリックします。


Q 10. 複数パソコン上の鍵の情報や、Windowsログオン連携の情報を一元管理したいのですが可能でしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A ネットワーク上に共有フォルダがあれば一元管理が可能です。
FENCE-Pro の鍵情報やWindowsログオン連携の情報をネットワーク上の共有フォルダへ格納してください。

各クライアントのFENCE-Pro にどの情報を参照させるよう設定しておくことで、一元管理が実現できます。また、AD連携パックをご利用頂くことでより詳細な管理が可能となります。

共有フォルダ上の鍵の情報やWindowsログオン連携の設定の情報を各クライアントが参照可能です。
注:ネットワーク共有フォルダに鍵の情報やWindowsログオン連携の設定の情報を格納した時、アクセスするアカウント数分のWindows クライアントライセンス(CAL)が必要になります。

Q 11. すでに存在するフォルダを自動暗号フォルダにする手順を教えてください。
対応バージョン:V08L01~L03
A 自動暗号フォルダに設定する対象のフォルダを指定します。その際に格納されているファイルを暗号化するかを聞いてきます。暗号化の可否を選択後、パソコンを再起動することにより自動暗号フォルダとなります。

「自動暗号フォルダの設定」の操作は下記の通りです。
  1. スタートメニュー(Windows® 8の場合は「スタート」画面)から”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。

    Windows® 7 の場合



    Windows® 8 の場合



    FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。



    自動暗号フォルダの設定で「追加」ボタンをクリックします。



  2. 「フォルダ名」「鍵の名前」「鍵の値」を入力して、「OK」ボタンをクリックし設定を保存します。



    注:「フォルダ名」は、「参照」ボタンをクリックし、一覧から選択することができます。

     
     
  3. 「暗号化する」を選択し、「実行」ボタンをクリックします。



  4. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。


Q 12. ネットワーク共有フォルダを自動暗号フォルダにすることは可能でしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 可能です。
自動暗号フォルダを設定する際にネットワークに公開しているフォルダを自動暗号フォルダ対象にすることで、ネットワーク共有フォルダが自動暗号フォルダとなります。

Q 13. FENCE-Pro を導入していない相手に対して暗号化されたファイルを渡すことはできるのでしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A FENCEブリーフケースにて暗号化を行い、パスワード付きのFENCEブリーフケースを渡すことができます。(相手のPCに、無償で提供しているFENCE-Explorerを導入する必要があります)。
FENCEブリーフケースの詳細は、よくある質問「FENCEブリーフケース」をご覧ください。

また、パスワード付きの自己復号形式によりファイルを暗号化して渡すこともできます。
渡す相手には、別途パスワードを通知する必要があります。

Q 14. 「終了」メニューの実行やタスクマネージャーからFENCE-Pro を終了した場合、暗号鍵の状態はどのようになりますか。
対応バージョン:V08L01~L03



A FENCE-Pro の終了以前に有効化されていた暗号鍵も含め、すべての暗号鍵が無効となります。
そのため、自動暗号フォルダのファイルにはアクセスロックがかかり、開くことができなくなります。

Q 15. 登録可能な設定数(暗号鍵、自動暗号フォルダの設定、Windowsログオン連携の設定、シーンセレクトの設定)に制限はありますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 暗号鍵、Windowsログオン連携の設定は、登録できる設定数に制限はありません。
ただし、自動暗号フォルダの設定については、登録できる設定数が64個までとなります。
シーンは最大100個まで追加できます。

Q 16. 同時に有効化できる設定数(暗号鍵、自動暗号フォルダの設定)に制限はありますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 暗号鍵の場合、同時に有効化/一時無効にできる設定数は100個まで、自動暗号フォルダの設定の場合64個までとなります。

Q 17. 暗号鍵の値を忘れた場合、暗号化されたデータの復旧方法はありますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 復旧方法はありません。
暗号鍵の値は、利用者のみが知りうる秘密情報になります。
そのため、利用者が暗号鍵の値を忘れてしまいますと、暗号化されたデータの復旧はできなくなります。暗号鍵の値は確実に記憶しておくか安全な場所に保管しておく必要があります。

Q 18.パソコン起動後、すぐに暗号設定を有効にする方法はありますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 自動暗号フォルダとWindowsログオン連携を設定することにより、Windowsログオン情報をもとに鍵の有効化が自動的に行えます。
共通の鍵情報やユーザごとの鍵情報を、自動暗号フォルダとWindowsログオン連携に設定してご利用いただくと便利です。

「自動暗号フォルダの設定」「Windowsログオン連携の設定」の操作は下記の通りです。
  1. スタートメニュー(Windows® 8の場合は「スタート」画面)から”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。

    Windows® 7 の場合



    Windows® 8 の場合



    FENCE-Proの設定を表示させ、「オプションの設定」をクリックします。



  2. 「ユーザ認証」タグを選択して、「Windowsログオン連携を有効にする」をチェックして下さい。



  3. FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。


     
  4. 「追加」ボタンをクリックします。



  5. 「フォルダ名」「鍵の名前」「鍵の値」を入力して、「OK」ボタンをクリックし設定を保存します。



    注:「フォルダ名」は、「参照」ボタンをクリックし、一覧から選択することができます。

     

    注:「鍵の名前」は、「鍵の選択」ボタンをクリックし、一覧から選択することができます。
  6. 「暗号化する」を選択し、「実行」ボタンをクリックします。



  7. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。


     
  8. FENCE-Proの設定を表示させ、「Windowsログオン連携の設定」をクリックします。


     
  9. 「Windowsログオン連携設定」画面で「追加」ボタンをクリックします。



  10. 「ユーザ名」を入力し、「追加」ボタンをクリックします。


     
  11. 「鍵の名前」を選択後「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックします。


     
  12. Windowsのログオンパスワードの関連付けを行う場合、「Windowsログオン
    パスワードによるチェックを行う」にチェックが入っている事を確認します。
    「OK」ボタンをクリックし、設定を保存します。


     
  13. 「パスワード」欄、「パスワードの確認入力」欄にWindowsのログオンパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


     
  14. 「Windowsログオン連携設定」画面でユーザが作成されていることを確認し、「閉じる」ボタンで画面を閉じてください。


     

Q 19.自動暗号フォルダの名前を変更することはできますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 自動暗号が有効な状態では、フォルダ名を変更することはできません。
フォルダ名を変更する場合は、一度、自動暗号フォルダを解除する必要があります。

自動暗号フォルダの名前変更操作は下記の通りです。
  1. スタートメニュー(Windows® 8の場合は「スタート」画面)から”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。

    Windows® 7 の場合



    Windows® 8 の場合



    FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。



  2. 変更したいフォルダの自動暗号フォルダ設定を選択し、「削除」ボタンをクリックします。



  3. 「鍵の確認入力」画面で、登録済みの「鍵の名前」「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。
    「鍵の名前」欄で選択した鍵が有効になっている場合は、「鍵の値」欄はグレーアウトし、入力省略となります。



  4. 注:削除する際にファイルを復号するかを聞いてきます。必ず、「復号する」を選択してください。



  5. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。



  6. フォルダ名を変更してください。
    FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。



  7. 「自動暗号フォルダの設定」画面で、「追加」ボタンをクリックします。



  8. 名前を変更したフォルダに再度、自動暗号フォルダの設定を行います。その際に新しく有効にしたい鍵を設定してください。
    「OK」ボタンをクリックし設定を変更してください。



  9. 「暗号化する」を選択し、「実行」ボタンをクリックします。



  10. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。


Q 20.タスクトレイのアイコンやメニュー項目の一部分が表示されていませんが、なぜでしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A お客様(法人)のセキュリティ方針に沿い、管理者は、利用者による設定変更を抑止するために、アイコンやメニュー項目を非表示にすることが可能です。そのため、タスクトレイのアイコンやメニュー項目の一部分が表示されていない可能性があります。
お客様のセキュリティ方針、および表示項目については管理者にご確認ください。

Q 21.CD-R、CD-RWなどの書き込み可能なCDドライブに対して自動暗号フォルダを設定し、暗号データを直接書き込むことはできますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 暗号データを直接書き込むことはできません。
CDドライブに対して自動暗号フォルダを設定することはできます。すでに書き込まれている暗号データを読み取る時にのみ自動復号機能が働きます。ただし、自動暗号フォルダの設定は、ドライブ単位の指定となります。(フォルダ単位での指定はできません)

≪暗号化データをCDなどの外部媒体に書き出す場合≫
  1. 手動暗号機能を使用し、パソコン上に暗号データを作成します。
  2. その暗号化されたデータをCDなどの外部媒体にライティングソフトを使用し書き込みます。

Q 22.FENCE-Pro がインストールされているパソコンでデフラグを実行できますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A ファイルシステムがNTFSの場合、自動暗号フォルダおよび ドライブ暗号対象のファイルにもデフラグ処理が施されます。
ファイルシステムがFAT/FAT32の場合、自動暗号フォルダおよび ドライブ暗号対象のファイルはデフラグ処理の対象外となります。
注:Windows 標準のデフラグ機能のみ対応しています。

Q 23.自動暗号フォルダの設定またはWindowsログオン連携の設定が設定されている鍵の削除方法を教えてください。
対応バージョン:V08L01~L03
A 鍵を削除する場合は、以下の順に削除を行ってください。

鍵の変更操作は下記の通りです。
  1. スタートメニュー(Windows® 8の場合は「スタート」画面)から”すべてのプログラム”をクリックし、”FENCE-Pro”-”FENCE-Pro 設定ツール” を選択すると、FENCE-Pro 設定ツールが起動します。

    Windows® 7 の場合



    Windows® 8 の場合



    FENCE-Proの設定を表示させ、「Windowsログオン連携の設定」をクリックします。



  2. 削除する鍵に関連付けられているWindowsログオン連携設定を選択し、「編集」ボタンをクリックします。


     
  3. 「Windowsパスワードによるチェックを行う」設定を使用している場合、Windowsのログオンパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。


     
  4. 「Windowsログオン連携の編集」画面で、削除する「鍵の名前」を選択し、「削除」ボタンをクリックします。



  5. 「Windowsログオン連携の編集」画面で、「OK」ボタンをクリックします。



  6. 「FENCE-Proの設定」画面で、「OK」ボタンをクリックします。



  7. 「Windowsログオン連携設定」画面で、「閉じる」ボタンをクリックします。



  8. FENCE-Proの設定を表示させ、「自動暗号フォルダの設定」をクリックします。


     
  9. 変更したいフォルダの自動暗号フォルダの設定を選択し、「削除」ボタンをクリックします。



  10. 「鍵の有効化」画面で、登録済みの「鍵の名前」「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。
    「鍵の名前」欄で選択した鍵が有効になっている場合は、「鍵の値」欄は、グレーアウトし入力省略となります。


     
  11. 削除する際にファイルを復号するかを聞いてきます。必ず、「復号する」を選択してください。


     
  12. 再起動画面が表示されますので、パソコンを再起動してください。


     
  13. FENCE-Proの設定を表示させ、「鍵の設定」をクリックします。


     
  14. 削除する鍵を選択し、「削除」ボタンをクリックします。


     
  15. 「鍵の確認入力」画面で、「鍵の値」を入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。


     

Q 24.Windows標準のバックアップツールで自動暗号フォルダをバックアップできますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 自動暗号フォルダのデータに対してWindows標準のバックアップツールでのバックアップは行わないで下さい。
バックアップしたデータで復元を行っても正しく復元されないことがあります。

Q 25.ネットワークドライブを割り当てたところ、PCログオン時にPCがフリーズ、又は接続エラーが表示されるようになりました。
対応バージョン:V08L01~L03
A 以下の条件が全て満たされると、本事象が発生する可能性があります。
  • ドメインユーザでログオンしている
  • ネットワーク共有フォルダに対して自動暗号設定を行っている
  • 上記自動暗号フォルダ配下のフォルダに対してネットワークドライブを割り当てる
  • Windowsログオン連携の設定をしている
ネットワークドライブは、自動暗号フォルダに設定しているフォルダを割り当ててください。

Q 26.FENCE-Pro手動暗号(xss)、自己復号形式(exe)、FENCEブリーフケース(fpbx)はどのように使い分ければよいでしょうか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 以下にそれぞれの形式での推奨シーンを記載します。
  • FENCEブリーフケース形式(fpbx)
    1つまたは複数のファイル/フォルダをまとめて1つの暗号化ファイルとして管理し、また暗号化したファイル/フォルダの中から復号したいファイルだけを選択し復号する場合。
    FENCE-Proがインストールされていない環境下でも、FENCE-Explorerを使用することにより復号が可能です。FENCE-Explorerは、当社ホームページ、「FENCE-Explorer」から無償ダウンロードが可能です。
  • 手動暗号形式(xss)
    同一暗号鍵をご利用の環境下でファイルの受け渡しを行なう場合。
  • 自己復号形式(exe)
    FENCE-ProとFENCE-Explorerがインストールされていない環境化で、ファイルの受け渡しを行なう場合。

Q 27.FENCE-Proに鍵の配布機能はありますか。
対応バージョン:V08L01~L03
A Active Directory環境を利用している場合、FENCE-ProのAD連携パック等で鍵の配布を行う運用が可能です。

Q 28.旧バージョンで作成した鍵を続けて使用できますか。また、旧バージョンと新バージョンの鍵の混在は可能ですか。
対応バージョン:V08L01~L03
A 旧バージョンで作成した鍵は新バージョンで続けて使用できます。
旧バージョン(バージョン 1.0)と新バージョン(バージョン 1.1)の鍵の混在も可能です。
鍵のバージョンついては、「用語:13.鍵のバージョンとは何ですか」をご覧ください。

Q 29.鍵の状態に「一時無効」が表示されています。 「一時無効」とはどのような状態ですか。
対応バージョン:V08L01~L03
A FENCEブリーフケース/手動暗号ファイルを作成、復号するには、シーンの切り替えが必要な状態です。
自動暗号フォルダはアクセスロック状態であり、自動暗号フォルダ内のファイルへアクセスするには、シーンの切り替えが必要な状態です。
シーンの切り替えについて、よくある質問の「シーンセレクト」を参照してください。

Q 30.FENCE-Proと富士通システムズ・ウエスト社製「瞬快」とは共存できますか。
対応バージョン:V08L02
A それぞれ、以下の設定を実施することにより共存することができます。
  • 瞬快クライアント側の設定
    • FENCE-Proのインストールフォルダを修復対象外に設定する。
    • 自動暗号化フォルダを使用する場合、該当フォルダを修復対象外とする。
  • FENCE-Pro側の設定
    • ドライブ暗号を使用する場合は、瞬快の作業フォルダを暗号化対象外に設定する
       (瞬快の作業フォルダの詳細につきましては富士通システムズ・ウエスト様サポートセンターにお問合せください)。

      富士通システムズ・ウエスト サポートセンター問い合せ先:
  • 動作確認済み環境
    • 瞬快Ver.11r+
    • FENCE-Pro V08L02
    • OS:Windows® 8.1 Professional (64ビット版)

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T