ファスト・ローンチ・サービス

実現したいサービスの迅速な立ち上げを支援

多種多様なAPIを組み合わせ、お客様が実現したいサービスを迅速に立ち上げます

ライフスタイルや価値観が多様化し、市場がめまぐるしく変化する昨今、新サービスの立ち上げには更なるスピード化が求められています。
このような状況の中、各社が持つ様々なAPI(注1)を組み合わせてサービス化するAPIエコノミー(注2)が注目されています。
既にAPIとして存在する機能は他社のものを利用し、自らは主となる機能の開発に専念することで、迅速なサービス化を実現することが可能です。


ファスト・ローンチ・サービスとは

お客様が実現したいサービスに応じ、各社が提供する多種多様なAPIを最適に組み合わせてシステムを構築します。
モノづくりを必要最小限に留めてシステムを構築することで、迅速なサービスの立ち上げが可能となります。
サービス開始後は、市場からのフィードバックに応え続けられるよう、DevOps基盤を活用し、テストの自動化や
版数管理などを行うことで、アジャイル型の開発によって容易に素早く仕様変更や機能追加などが可能です。

system-config-large
 

ファスト・ローンチ・サービスの4つのポイント


  • function1

    APIエコノミー

    当社提供の各種APIと外部APIの組み合わせによる【迅速な】サービス化が可能。
  • function2

    クラウドプラットフォーム

    実績のあるプラットフォームを利用することで【安心安全な】サービスを提供。
  • function3

    サブスクリプションモデル

    サービスイン後は、利用料や利用時間に応じた課金形態により【低コスト】での導入が可能。
  • function4

    DevOps基盤

    開発/テスト/ビルド/リリースを【継続的に】回すための基盤を提供。テストの自動化や版数管理などを行うことで容易にすばやく仕様変更や機能追加などが可能。
  


価格

個別お見積り(初期導入費用+サービス利用料[月額])


注釈

  • 注1 API(Application Programing Interface):
    本来ソフトウェアから別のソフトウェア機能を呼び出して利用するための方法。
  • 注2 APIエコノミー:
    APIが公開された各社サービス機能を利用し別のサービスを提供する仕組み。APIエコノミーによって立ち上げられたサービスの代表的な企業としては、Uber Technologies Inc.やAirbnb, Inc.などがあげられます。

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。



ページの先頭へ