AI開発を支える画像認識技術
【イメージングAI分野】

【AI・画像認識ソリューション】

当社独自開発したDeep Learning開発基盤UriLab、Deep Learning認識モデル圧縮技術により低スペックデバイスで動作する画像認識エンジン。
お客様の要件に合わせカスタマイズが可能な2つのソリューションをハイブリッドに組み合わせ、課題解決に導きます。

※ UriLab(ウリラボ)は当社Deep Leraning開発基盤の仮称であり、研究開発中のためサービス内容が変更になる可能性があります。

AI・画像認識を取り巻く環境

AIの進化に伴い、物体検出や画像認識精度が著しく向上し、幅広い分野での活用が広がっています。
現在は、IoT機器で収集したデータをインターネット経由でクラウドへ送り、クラウド上で処理を行うことが主流です。
一方で、リアルタイム性やセキュリティ向上のため、エッジ端末でAI処理を行うエッジAIの需要が高まっています。

エッジ AI実現への課題

リアルタイム性やセキュリティ向上のため、エッジ端末でAI処理を行うエッジAIの需要が高まっていますが、実現へは様々な課題があります。

  • 技術的な課題
    • CPU性能・メモリサイズに制約がある
    • 専用のデバイスやOSへ対応が必要

    当社独自の認識モデル圧縮技術により、低スペックデバイスでも動作する画像認識エンジンを開発。マルチデバイス/OSにも対応し、エッジ端末でのAI画像認識に最適です。

  • 開発に対する課題
    • AI開発のハードルが高い
    • 開発効率が悪い

    当社が独自開発したDeep Learning開発基盤UriLaBは、AI画像認識システム開発を強力にサポート、AI開発の効率化が可能です。

エンベデッドシステム(組み込み技術・開発)に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

カタログ・資料ご請求

ページの先頭へ