CAP21 各システム紹介

CAP21は、14の業務管理システムで構成されています。
「財務債務管理」「原価発注管理」以外の各業務システムはオプションです。お客様が必要とされる業務システムを選択して導入できます。

財務債務管理

建設業に対応した会計業務と発注業者の債務管理、支払業務をサポートします。
工事進行基準、工事完成基準のいずれにも対応した完成振替の自動仕訳や、建設業特有の支払条件を業者ごとに自動集計、自動計算して支払データの作成が可能です。

原価発注管理

工事を登録し、工事ごとに実行予算、発注金額、検収金額、今後見込原価の管理を行うことで工事原価管理業務をサポートします。
また、発注業者への注文書入力、注文書発行、発注残高などの管理業務をサポートします。
通常の工事単位のほか、工事の枝番管理や工事の集計管理も可能です。

営業案件管理

受注前の案件と営業活動の情報管理をサポートします。
営業担当者の日々の営業活動の管理から案件を登録し、案件ごとにステータス、受注見込の管理が可能です。また、建設業特有の多様な入札に関する情報も登録可能です。

請求入金管理

工事ごとに、請求予定、請求書発行、入金予定、入金実績までの請求入金管理業務をサポートします。
請求書の発行に際しては、得意先様ごとに指定した請求書テンプレートへの出力が可能です。

手形管理

支払手形・受取手形・期日払い・ファクタリング・電子記録債権の業務をサポートします。
支払手形の印刷発行、期日管理や決済時の自動仕訳が可能です。

JV管理

JVのスポンサー時に必要な出資金請求業務、JV決算業務をサポートします。
取下金の扱いについては分配する金額、取崩金額、保持する金額をそれぞれ指定することでプール方式にも対応可能です。単独会計方式、自社取り込み会計方式のいずれにも対応しています。

現場原価管理

現場における実行予算明細レベルでの詳細な工事原価の管理業務をサポートします。
積算システムからのデータ取込、実行予算明細作成、発注情報の作成、発注差額管理、出来高査定、今後支出予想の管理が可能です。

販売管理

工事業と物販業を兼業している場合の販売業務をサポートします。
物販直送、工事直送、在庫からの出荷売上、在庫から工事への払出し、在庫管理、棚卸に対応可能です。

固定資産管理

固定資産、リース資産の情報登録および減価償却計算の業務をサポートします。減価償却費の自動仕訳が可能です。

労災管理

単独事業および一括有期事業における労災関連の各申請書類ならびに保険関係書類の作成業務をサポートします。労災保険料を工事に賦課する自動仕訳も可能です。

人事管理

人事情報の管理業務をサポートします。
給与計算に必要な人事情報の管理に加えて、工事経歴、資格・研修情報、辞令履歴などを管理することが可能です。

給与労賃管理

給与および労賃管理業務をサポートします。
給与・賞与の計算、年末調整、社会保険などの対応および、給与計算に必要な遡及処理や、労務費の配賦処理も可能です。

ワークフロー

ワークフローによる申請承認業務をサポートします。
工事受注、実行予算、発注、支払いの請求書入力などの各入力画面でワークフロー承認が可能です。また、汎用フロー機能を利用して、稟議書などの独自の承認フローを作成可能です。

ファイル管理

工事に関連するドキュメントなどのファイル管理をサポートします。
ファイルのアップロードを行い、工事単位での閲覧が可能です。

建設業向けERP CAP21に関するお問い合わせ

本お問合せでご提供いただきましたお客様の個人情報は富士通Japan株式会社が以下の目的で利用します。

  • お申込み・お問合せ内容に関するご案内
  • イベント・セミナー開催情報・製品・お役立ち情報のご案内(e-mail、電話、DM 等)

上記目的のために、富士通株式会社および富士通グループ会社、パートナー会社が個人情報を利用する際には、契約により適切な管理を義務付けた上でe-mail等で提供いたします。また、上記目的のため、お客様の個人情報を委託先に預託することがございます。
お客様の個人情報は弊社の「個人情報保護について」に基づき、適切に管理します。
情報の開示・訂正・追加・削除および利用停止を希望されるお客様は、以下の<お問い合わせ先>までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
富士通Japan お客様総合センター
電話:0120-835-554
ご利用時間:9時~12時、13時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ