GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. BizService>
  4. プラットフォームサーバVシリーズの特徴

プラットフォームサーバVシリーズの特徴

高性能クラウド

  • マルチコア、マルチCPUを搭載した共用コンピュータリソースをご利用の場合も、1ユーザー当たり1コアを割り当てますので、他ユーザーの影響を最小限に抑え、クラウド環境で懸念されるパフォーマンス低下を避けられます。
  • データセンター専業事業者として培った経験と知識を集結した高信頼のデータセンターファシリティと国内データセンターならではの安心感をご提供します。
  • 国内データセンターならではの高速なレスポンス。
    海外データセンターと違いネットワーク遅延も少ないため、データ送受信やアプリケーションで高速なレスポンスが期待できます。
  • 常に新しい高性能機器をご提供します。

高可用性

サーバ機器、ネットワーク機器、ストレージをすべて冗長化。機器本体だけでなく、コントローラなども冗長化。万一のハードウェア障害時にも安心な、安定したサービス基盤としてご活用ください。
仮にサーバ機器がダウンした場合も仮想化ソフトウェアの機能により、自動的に待機系サーバに切り替えて復旧。また、サーバ機器のメンテナンスが必要になった場合でもゲストOSを停止することなくメンテナンスが可能です。
さらに、これらシステムをデータセンターの堅牢なファシリティ上に構築。エンタープライズクラスの安心を1ゲストOS単位からご利用いただけます。

  • 物理サーバのフェイルオーバー
    ご利用中のサーバ機器がダウンした場合、自動的に待機系サーバに切り替わり、ゲストOSが再起動します。
    注:OSの再起動を伴います。物理サーバのフェイルオーバー
  • 無停止メンテナンス
    ご利用中のサーバ機器に、弊社メンテナンス作業が必要な場合も、無停止で待機系サーバに移行し、作業する事が可能です。
    注:停止を伴いません。無停止メンテナンス
  • ストレージの無停止フェイルオーバー
    メインストレージに障害が発生した際には、サブストレージに切り替わり無停止でサービスを継続します。
    注:停止を伴いません。ストレージの無停止フェイルオーバー

手軽なプライベート環境

冗長化されたプラットフォームの上で、あたかもプライベートクラウドの様にサービスをご利用頂けます。
vCenterオプションのご利用により、OSのサイジング・起動・停止など、仮想化ソフトの操作も可能です。

VMware®の管理機能(vCenterオプション)

  • 複数のゲストOSの一元管理および監視が可能です。
  • ゲストOSのコピーが簡単に作成できます。
  • ゲストOSのスナップショット作成により、本番環境変更前のバックアップが可能です。
  • 操作履歴の保存も可能です。

連携(ハイブリッド型サービス)

  • 都内23区内の4ヶ所のデーターセンターとVLANでセキュアな相互接続。データセンターのラックとサーバオンデマンドの組み合わせによるハイブリッドクラウド環境が実現できます。
  • 用途や規模によって、ご利用されるサーバリソースを組み合わせた利用が可能です。また、サーバリソソースのロケーションの選択も可能です。

充実したネットワークサービス

  • 徹底したネットワークの冗長化を行っています。
  • バックボーン回線は複数のIXと3社以上のキャリアに、数Gbps~10Gbpsで接続しています。
    回線の接続性はSLAにより99.99%の可用性を保証しています。
  • 各センターはセキュアな高速VLANで接続されています。

本サービスのお問い合わせ

BizServiceITライフサイクルソリューションをご検討されているお客様の各種ご質問、お見積もりを承ります。お気軽にご相談ください。

  • VMware、vCenterはVMware,Incの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
GTM-TGJ93T