GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. Windows®タブレットPC向け「高精細撮影アプリ」を提供開始

PRESS RELEASE

2016年12月7日
株式会社富士通ビー・エス・シー

Windows®タブレットPC向け「高精細撮影アプリ」を提供開始

~外出先で撮影した画像を電子化し業務システムと連携~

株式会社富士通ビー・エス・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長:小島 基、以下 富士通BSC)は、Windows®タブレットPCに搭載されているカメラの利活用を実現する「高精細撮影アプリ」を開発し、2016年12月7日より販売開始します。
「高精細撮影アプリ」は、Windows®タブレットPCのカメラ装置を業務システムなどから簡便に利用・制御することが可能なソフトウェアです。文書の撮影・画像補正・電子化を自動化し、業務システムと連携することで、新たなワークスタイルの実現や業務効率化を可能とし、Windows®タブレットPCの更なる利活用を促進します。

背景

近年、タブレットPCは大幅な性能向上や軽量化が進んでおり、ワークスタイル変革の中核として業務上の利用が拡大しています。また、タブレットPCに搭載される装置も充実してきており、特にカメラ装置は標準搭載が一般的になっています。

実際の業務でカメラ装置を活用するには、撮影した画像を業務で利用可能な形式に変換・補正すること、業務システムから簡便に利用・制御できることが、重要なポイントとなります。

これを踏まえ、当社ではタブレットPC搭載のカメラ装置を、業務システムから簡便に利用・制御できる「高精細撮影アプリ」を開発しました。撮影から画像補正・変換までの操作を、分かりやすいインターフェースにより簡単に利用することができます。タブレットPCの更なる利活用により、お客様の業務改革を推進します。

本製品の特長

1.文書の撮影に最適化

業務文書の撮影に最適化した[文書モード]をご用意。撮影時には、文書をトリミングする枠をリアルタイムで表示し、撮影後は台形補正と文書枠の切り抜きまでを自動で行います。また、明るさやコントラストといった補正機能も備えています。

2.分かりやすいインターフェース

カメラ撮影の画面操作は、直感的なデザインとなっており、誰でも簡単に文書撮影、電子化までの操作を行う事ができます。また、撮影する場所によって、ズームやフォーカス、明るさや色合いの設定も簡単に補正が可能です。

3.業務システムへの組み込み

お客様の業務システムに応じて、アプリケーション形式、ActiveX形式など、様々な呼び出し形式を選択できます。また、端末に画像データを残さない「メモリ渡し機能」を利用することで、よりセキュアな画像管理が可能です。

機能概要図

機能概要

操作画面イメージ

操作画面イメージ

高精細撮影アプリ利用例

配送業のお客様では、配達完了後の受領票を撮影し、業務システムと連携。配送を依頼したお客様に配送状況をメールで送付するシステムへの利用や、金融業のお客様では、エンドユーザーの所有する証券等を撮影し、業務システムと連携。よりエンドユーザーのニーズにマッチした金融商品のご提案を実現するシステムなど、様々なシーンにご利用が可能です。

販売価格、および出荷時期

製品・サービス名 販売・提供価格(税別) 出荷・提供時期
高精細撮影アプリ 80万円 12月7日より

注:本価格は、開発用SDKキットとライセンス(100アカウント分)が含まれた構成の価格です。また、別途有料でプログラムサポートもご用意しています。

売上目標

今後3年間で5億円

動作環境

[クライアント] Microsoft® Windows® 8.1/10 が動作するPC/AT互換機

関連リンク

「高精細撮影アプリ」紹介サイト

本件に関するお問い合わせ先

お客様お問い合わせ先

株式会社 富士通ビー・エス・シー サービスデスク
電話:03-6457-1822  Fax:03-3570-4070
E-mail:bsc-spinfo@cs.jp.fujitsu.com

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

以上



プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T