GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. スマートデバイス向けコンテンツ変換ソリューション「WebUnity-Plus」発売

PRESS RELEASE

2012年4月26日
株式会社富士通ビー・エス・シー

スマートデバイス向けコンテンツ変換ソリューション「WebUnity-Plus」発売

~既存のPC向けWEBサイトをスマートデバイス用に自動変換~

株式会社富士通ビー・エス・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長:室町 義昭 )は、既存のPC向けのWEBサイトをスマートデバイス(スマートフォン/タブレット端末)用に最適化、自動変換するソリューション「WebUnity-Plus」を、本年5月から発売いたします。「WebUnity-Plus」の導入により、既存のPC向けWEBサイトを修正することなくスマートデバイスへの対応を実現します。

スマートデバイス(スマートフォン/タブレット端末)の活用が年々活発になっており、既存のパソコンに換わり、業務端末としての利用範囲が急速に拡大しています。企業システムにおいても、スマートデバイスへの対応が急務となっています。しかしながら、スマートデバイスは、その端末種類によって、画面サイズやOSが異なっており、各端末の仕様の違いを理解し全てに対応するWEBサイトを作成することは多くの専門知識を必要とし、WEBサイト作成者の負担を大きくしています。

「WebUnity-Plus」は、既存のPC向けWEBサイトを、スマートデバイス用に最適化する自動変換ソリューションです。接続された端末種類を識別し、PC向けの既存のコンテンツを、各端末ごとに最適化された画面に変換して提供します。

※「WebUnity-Plus」は、当社で発明した特許登録済の技術を採用しております。

WebUnity-Plusの特徴

既存システムへの改修不要

外付け型のゲートウェイ方式により、既存システムへ特別な修正は不要です。

マルチデバイス対応

HTML5を利用した画面変換によりマルチ端末対応を実現します。
※iPhone, iPad, Android™ phone/Tablet,Windows® Phoneへ対応
端末機種毎の差異を考慮したコンテンツの作成・管理が不要です。

デバイス種へ合わせたデザイン提供

スマートフォン/タブレットの画面サイズ、及びタッチインターフェース(タップ、フリック)に適した画面デザイン(コンポーネントのサイズ、配置、画面分割等)を提供します。

カスタマイズツールによりビジュアルで柔軟な変換を実現

換の基本的な設定の変更が可能です。
変換後画面をプレビュー可能とし、確定することで変換設定を反映することが可能です。
※さらに、お客様のご要望に応じ、さまざまなカスタマイズを実装することも可能です。(別途有償)

販売価格

1,700千円(インストール単位)

販売目標

50セット(初年度)

提供開始時期

2012年5月より提供開始

関連リンク

「WebUnity-Plus」紹介サイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お知らせ

5月9日から11日にかけて東京ビッグサイトで開催される「スマートフォン&モバイルEXPO 春」にて、「WebUnity-Plus」の展示を行います。

本件に関するお問い合わせ

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

スマートデバイスビジネス本部
TEL:03-3570-4511 FAX:03-3570-4050
E-mail:wuinfo@bsc.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T