GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2010年 >
  4. 「従量課金onクラウド」を提供開始

PRESS RELEASE

2010年12月8日
株式会社富士通ビー・エス・シー

「従量課金onクラウド」を提供開始

~大手企業にて採用されている信頼の課金エンジンをSaaS型で提供~

株式会社富士通ビー・エス・シー(社長:兼子孝夫、本社:東京都港区)は、同社が開発・販売する課金パッケージ「BillingSaver(ビリングセーバー)」の課金エンジンを、「従量課金 onクラウド」として、2011年1月より販売・提供を開始します。

「従量課金 on クラウド」は、複雑な料金体系に対応する課金計算システムを、業種を問わず、簡単・低コストでご利用いただけるSaaS型のサービスです。ビジネスの形態に合わせた柔軟かつ的確な従量課金計算でお客様のビジネスを支援します。

企業が顧客を獲得・維持する上で、提供サービスの内容と共に重要なのが価格戦略です。 近年、クラウドコンピューティング時代への対応や、スマートフォンやタブレット型端末の普及によるデジタルコンテンツやサービスの多様化により、従量課金のニーズが高まってきています。しかしながら、定額課金に比べ複雑で様々な課金パターンがある従量課金計算は、独自にシステム構築をした場合、投資費用は高価となる上、汎用性に欠けるという問題がありました。

これを踏まえ、当社は、大手通信キャリアや情報メディア、SaaS事業者など、様々な業種に導入実績を持つ課金パッケージ「BillingSaver」の課金エンジンを、クラウドサービスとして提供いたします。

これによりお客様は、今まで以上に柔軟で高度なプライス戦略を、スピーディかつ低コストで実現いただけます。

従量課金 on クラウドご利用時の運用イメージ

従量課金 on クラウドの特長

1.様々な料金体系の設定が可能

  • 複数の課金要素(属性、時間、量、回数 等々)の組み合わせで、多様な料金プランに対応。

拡大イメージ (09 KB)

2.多業種にて実績のある従量課金エンジン

  • 多数の大手企業にて導入されている、信頼あるエンジンでの実装。

3.低コストでのご利用

  • 高額な初期投資が不要。
  • 事業規模に合わせた販売価格により、コスト負荷を抑えてサービス利用が可能。

4.スピーディで柔軟なサービス利用

  • ご契約から最短1週間でサービス利用が可能。
  • 長年に渡り培われてきた課金ノウハウで本サービスへのスムーズな移行を支援。
  • ビジネスの拡張(サービス追加や料金プランの変更、等)に柔軟に対応。

5.安心、安定したデータ管理

  • 高セキュリティと高信頼の国内最高水準データセンター「富士通館林システムセンター」  から提供。

サービス開始時期

2011年1月

販売予定価格(税込み)

初期費用: 1企業あたり5万円
   月額基本料金: 2.8万円
   月額利用料金: 従量課金算出額の1%

販売目標

販売開始後1年間で12企業 3年累計で36企業

関連リンク

製品サイト: BillingSaver

※ 「従量課金onクラウド」紹介サイトは現在作成中です。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

第二システム事業本部
TEL:03-3570-4211 FAX:03-3570-4040
E-mail:bsc-billing@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T