GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2008年 >
  4. ゲートウェイ型メール暗号化ソフト『FENCE-Mail For Gateway V01L02』発売

PRESS RELEASE

2008年11月20日
株式会社富士通ビー・エス・シー

ゲートウェイ型メール暗号化ソフト 『FENCE-Mail For Gateway V01L02』発売

~機能強化により、お客様のニーズにさらにマッチした運用を実現~

株式会社富士通ビー・エス・シー(社長:兼子孝夫、本社:東京都港区)は、ゲートウェイ型メール暗号化ソフト「FENCE-Mail For Gateway」に誤送信対策機能などを追加した製品を12月1日に発売いたします。

FENCE-Mail For Gateway」は、ゲートウェイを経由するだけで全ての電子メールに対してセキュリティポリシーを強制的に適用させることができる、ゲートウェイ型のメール添付ファイル暗号化ソフトです。既存のメールシステムとの親和性も高く、メール利用者が意識することなく全ての添付ファイルを自動的に暗号化できることから、手間をかけずに企業におけるメールセキュリティの強化が図れます。今般、お客様の声を反映させ、機能を強化した製品「FENCE-Mail For Gateway V01L02」を発売いたします。

主な追加機能は以下のとおりです。

1.パスワード自動通知のタイマー機能

受信者へパスワードを通知する場合、事前に設定した時間経過後に自動的にパスワード通知を行います。送信者は暗号化ファイル送信後、設定時間内であれば送信先を検証し、一時保留中のパスワード通知に対して『通知取消し』や『即時通知』も選択できます。

運用例

正しい受信者にメールが到着したことを確認してからパスワードを通知。誤送信対策を強化


2.ユーザ管理機能の強化

管理者の許可する範囲内で、各ユーザ自身で暗号化ルール(暗号化をする/しない、暗号化方式など)を設定できるようにしました。セキュリティを損なうことなく管理を分散し管理者の負担を軽減します。

3.ログ機能の強化

暗号化対象外のメール送信ログを保存する機能を追加しました。またデータベースでログを管理する機能を追加することで、参照・検索が容易になりました。

別紙資料

『FENCE-Mail For Gateway V01L02』新機能ご紹介 (229 KB)

出荷開始時期

12月1日

販売価格

最小構成価格(~100メールアカウント) 525,000円(税込み)

販売目標

販売開始後1年間で100企業

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

E-mail:bsc-spinfo@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T