GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2008年 >
  4. 大連にエンベデッドシステムの開発拠点開設

PRESS RELEASE

2008年1月23日
株式会社富士通ビー・エス・シー

中国「大連」にエンベデッドシステムの開発拠点開設

~中国リソースの確保とオフショア開発体制の強化~

English  Chinese

株式会社富士通ビー・エス・シー(社長:兼子孝夫、本社:東京都港区、以下、富士通BSC)は、中国におけるエンベデッドシステムの新たな開発拠点として、子会社であるBCL(以下の企業プロフィール参照)の「大連支店」を1月1日に開設しました。

BCLは“中国科学院凱思軟件工程公司”(北京)と“TOGEN BUSINESS SOFTWARE CORPORATION LIMITED”(香港)の合弁会社として1992年、北京に設立。エンベデッドシステムを中心としたソフトウェア開発を行っております。2006年3月に、上海に支店を設置いたしましたが、大連支店は北京本社、上海支店に続く中国における3番目の開発拠点となります。大連支店は、当初26名体制で日本メーカー向けの携帯電話開発を中心にスタートし、随時人員の増強と業務の拡大をはかっていく予定です。

大連支店開設の主な目的

  1. エンベデッド分野は慢性的に技術者不足が続いており、中国における拠点開設により人材の確保が可能となる。
  2. 北京地区に比べ人件費が廉価であることから、オフショア開発体制が強化できる。
  3. 大連地区はIT産業育成に力を入れており、世界中のIT企業の誘致を積極的に進めている地域。日本の大手IT企業の多くが進出しており、効率的な事業展開が可能となる。

富士通BSCは、エンベデッドシステムを重点事業の一つとして注力しており、エンベデッド開発技術者900名の確保(うち中国技術者250名)を目標に掲げ、質・量ともに充実した体制に向けた整備を進めています。BCL大連支店の開設はその施策の一環であり、今後も顧客に向けたサポート体制を拡充していきます。

大連支店住所

大連市軟件園路18号国際軟件服務中心3層

BCL企業プロフィール

会社名 北京思元軟件有限公司(BCL:Beijing Brain Cell Software Corporation Limited)
本社所在地 中国北京市
総経理 児玉治行(富士通BSC専務取締役)
設立 1992年7月2日(業務開始日1993年7月5日)
事業内容 エンベデッドシステムを中心としたソフトウェアの開発
資本金 100百万円(日本円)
株主 TOGEN BUSINESS SOFTWARE
CORPORATION LIMITED
51%(富士通BSC 70%出資会社)
  中国科学院凱思軟件工程公司 49%
売上高 38,966千元(580百万円 @15円/元、2007/12月期)
従業員 149名(2007/12月時点)

エンベデッドシステムの開発拠点と要員

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

エンベデッドシステム本部 営業統括部
E-mail:Embedded-sales@bsc.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T