GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2007年 >
  4. Oh-Pa 1/3 Data Serverに新製品体系を導入

PRESS RELEASE

2007年8月1日
株式会社富士通ビー・エス・シー

「Oh-Pa® 1/3 Data Server」に新製品体系を導入

~CPUコアライセンス体系の導入とインテル® Xeon® プロセッサへの対応で、多種多様なニーズに応える~

株式会社富士通ビー・エス・シー(代表取締役社長:兼子孝夫、本社:東京都港区、以下、富士通BSC)は、高速オンメモリデータベース製品『Oh-Pa 1/3 Data Server』(オーパ・ワンサード データサーバ)に、新製品体系を導入し、更に対応プラットフォームにインテル® Xeon® プロセッサを加え、本年8月上旬より発売を開始します。

(1)新製品体系の導入

Oh-Pa 1/3 Data ServerがインストールされるハードウェアのCPUコア数に応じた製品体系を導入いたします。このことにより、ニーズの規模に応じた段階的な導入が可能となり、従来の1サーバあたり3000万円(標準価格)に比べ、少ない投資によるシステム構築が可能となりました。

製品名(モデル) 搭載CPUコア 価格
Oh-Pa 1/3 Data Server up to 4 core 4コアまで オープン価格
Oh-Pa 1/3 Data Server up to 8 core 8コアまで
Oh-Pa 1/3 Data Server up to 16 core 16コアまで
Oh-Pa 1/3 Data Server up to 24 core 24コアまで
Oh-Pa 1/3 Data Server up to 32 core 32コアまで
Oh-Pa 1/3 Data Server up to 追加 4 core -

(2)対応プラットフォームにインテル® Xeon® プロセッサを追加

Oh-Pa 1/3 Data Serverの対応プラットフォームとして、メインフレーム・クラスの高信頼性を実現するインテル® Itanium® 2 プロセッサに加え、エントリーからミッドレンジクラスのPCサーバ機への豊富な搭載実績をもつインテル® Xeon® プロセッサを追加いたします。このことにより、基幹システム以外の様々な分野や用途(業務サーバ、部門サーバなど)においても、Oh-Pa 1/3 Data Serverの導入が容易になりました。

製品名 対応OS(全モデル共通)
Oh-Pa 1/3 Data Server RedHat Enterprise Linux AS v.4 for Itanium
RedHat Enterprise Linux AS v.4 for EM64T ( Xeon)

Oh-Pa 1/3 Data Serverとは

『Oh-Pa 1/3 Data Server』とは64bit時代の基幹サーバに搭載される大容量メモリを効率良く・効果的に・有効に活用する、新発想のアーキテクチャーに基づくオンメモリデータベースです。従来のリレーショナルデータベースを補完し、リレーショナルデータベースが苦手としていた大規模データ一括処理の高速化を実現します。

導入効果

(1)バッチ処理の高速化と簡素化

ディスクをベースとした従来手法(COBOLなど)では、処理毎に生成される中間ファイルの管理、性能確保のための多重走行設計、それらを実現するための複雑且つ膨大なアプリケーション開発とメンテナンスなど、問題は山積みでした。Oh-Pa 1/3 Data Serverは、その高速性により、性能を意識した複雑なアプリケーション開発は不要とします。また、複数の処理を一括してメモリ上で行えるため、中間ファイルも不要となり、結果、バッチ処理全体の簡素化が可能となります。

(2)開発生産性の向上

Oh-Pa 1/3 Data Server向け専用GUI製品「Oh-Pa 1/3 Data Analyzer」を使用すれば、GUIベースでリアルタイムに大規模データを高速に加工・編集することが可能です。GUIでの操作内容は全てマクロとして記録され、記録されたマクロは、そのままバッチプログラムとして利用可能となります(プログラミングレス)。この実データを使った開発手法は、従来手法(COBOLなど)と比べ、開発期間(設計~開発~テスト)の大幅な短縮をもたらすとともに、テスト工程からの手戻りリスクの軽減にも大きく貢献します。

(3)高速な検索システムの構築を可能に

Oh-Pa 1/3 Data Serverでは、ユーザアプリケーションとの連携を可能とする豊富なAPIを提供しております。メモリ上に展開されたデータを直接参照する、高速な検索システムの構築を可能とします。


 

出荷開始時期

2007年8月上旬

価格

オープン価格

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

E-mail:ohpa@bsc.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


GTM-TGJ93T