GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2006年 >
  4. 『Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAPソリューション』を発売

PRESS RELEASE

2006年9月20日
株式会社富士通ビー・エス・シー

『Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAPソリューション』を発売

~オンメモリデータ処理により、ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアの高速化を実現~

株式会社富士通ビー・エス・シー(代表取締役社長:兼子孝夫、本社:東京都品川区、以下、富士通BSC)は、高速オンメモリデータベース『Oh-Pa 1/3』(オーパ・ワンサード)の技術を活かし、富士通株式会社(代表取締役社長:黒川博昭、本社:東京都港区)製のビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア『Interstage Navigator Server』(インターステージ ナビゲーターサーバ)が行うデータ分析の高速化を支援する『Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAP注1ソリューション(以下、本製品)』の販売を9月下旬より開始いたします。

本製品は、更新系バッチ処理や大規模なデータウェアハウス(DWH)をターゲットとして昨年発売した『Oh-Pa 1/3 Data Server Enterprise Edition(以下、Oh-Pa 1/3 DSEE)』に続く『Oh-Pa 1/3』シリーズの第2弾となる製品です。『Oh-Pa 1/3 DSEE』のコアエンジン部分である『Oh-Pa 1/3 IE』注2と『Interstage Navigator Server』とのシームレスな連携を実現する専用アダプターを組み合わせることで、ROLAP注3のレスポンスを大幅に短縮することを可能にしました。

今日の激しい企業間競争を勝ち抜くために、情報の戦略的な活用とスピーディーな意思決定が求められており、「必要な情報」を「必要な時」に「必要な形」で利用できることは、企業にとって大きなビジネスアドバンテージとなります。『Interstage Navigator Server』と本製品の連携注4は、これまで短時間では困難であった大容量データの分析業務を実現、情報活用の可能性を飛躍的に拡大します。

なお、本製品は参照するデータの規模に応じた製品をラインナップしております。また『Interstage Navigator Server』がインストールされているサーバに共存させることも可能なため、予算・規模に応じ効率的・段階的な投資で拡張性ある導入が可能となります。

Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAPソリューションの利用イメージ

  • 利用者の視点に立った情報活用を容易にした、ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア『Interstage Navigator Server』との純国産コラボレーション!
  • オンメモリデータ処理によるレスポンスの大幅な短縮!
  • 今まで断念していた分析の実現!
  • 効率的な投資で拡張性のある導入が可能!

オペレーティングシステム(OS)の64bit化に伴う大容量メモリ時代の到来は、リレーショナルデータベースからオンメモリデータベースへと移行するためのハードウェア環境が整いつつあることを意味します。富士通BSCは、このような環境に対応し、オンメモリデータベース製品『Oh-Pa 1/3』シリーズの販売を積極的に推進していきます。

Interstage Navigator Serverについて

『Interstage Navigator Server』はデータベースに蓄積されたデータを、利用者がイメージしたレポートの形で簡単に取り出すことができる、富士通株式会社製のビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアです。

ドラッグ&ドロップで見たい項目と視点(例えば、店舗別)を設定するだけでデータを取り出すことができ、取り出したデータはそのままExcelシートに出力して加工できます。また、高度なセキュリティ機能、大規模システム向けの運用機能、Webブラウザからのレポート作成などにより、全社運用まで支援します。

Oh-Pa 1/3について

Oh-Pa 1/3は、これまでハードディスクを必要としていた大容量データを全てメモリ上に展開し、検索、加工、集計等をメモリベースで高速に処理することが可能な、64bit時代のオンメモリデータベースです。従来のリレーショナルデータベース(RDB)に比べて数倍から数百倍もの高速化注5を実現。

また、独自のデータ構造とアルゴリズムを採用することにより、RDBのチューニングに相当するメンテナンスが不要となり、常に高速かつ安定したパフォーマンスを実現します。更新系バッチ処理の時間短縮やDWH環境におけるレスポンス改善など、Oh-Pa 1/3が実現する高速性は、業務の見直し・再編や効率化を促すとともに、TCO(Total Cost of Ownership)削減も大きく期待できます。

発売開始

2006年9月下旬

標準販売価格

341.25万円~1,092万円(税込)
1リアルテーブル当たりレコード数 (500万行まで、1,000万行まで、1億行まで、無制限(注))による。
(注) 無制限:製品仕様の上限である20億行まで利用可能。

売上目標

発売後1年間で1億5,000万円

注釈

注1 OLAPは“Online Analytical Processing”(オンライン分析処理)の略称です。

注2 IEは“Internal Engine”の略称です。

注3 ROLAPは“Relational Online Analytical Processing”(リレーショナルオンライン分析処理)の略称です。

注4 『Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAPソリューション』との連携は、『Interstage Navigator Server Enterprise Edition V8』からとなります。詳細は、下記までお問合せください。

注5 性能は弊社実測値によります。

本件に関するお問い合わせ

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

E-mail:ohpa@bsc.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T