GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2005年 >
  4. リース・レンタル業向けトータルソリューションを本格展開

PRESS RELEASE

2005年9月28日
株式会社富士通ビー・エス・シー

リース・レンタル業向けトータルソリューションを本格展開

~新製品「RENTAL-Pro」を核にスピーディーな経営判断を強力支援~

株式会社富士通ビー・エス・シー(社長:兼子孝夫、本社:東京都品川区、以下、富士通BSC)は、10月17日、リース・レンタル業向けパッケージソフトウェア「RENTAL-Pro(レンタル・プロ)」を発売します。

「RENTAL-Pro」はリース・レンタル業務に伴う商品の見積、入出庫、在庫、請求といった煩雑な事務処理の効率化を促進します。また、同時に、情報の一元化により、スピーディーな経営判断が可能となります。富士通BSCは、「RENTAL-Pro」を用いた営業力強化や業務改革の推進等、リース・レンタル業向けトータルソリューションを本格的に開始し、「所有から利用へ」という考え方が急激に広がる環境にあって、業容の拡大が見込まれる、リース・レンタル業界各社との取引拡大を目指します。

「RENTAL-Pro」は、富士通BSCの長年にわたる大規模業者向けレンタルシステムのサポート実績をもとに、中堅企業向けに、新たに開発されたものです。帳票のプレビュー機能の充実や、豊富な機能を持ち、カスタマイズや、既存システムとの連携の容易さなどから、仮設資機材・産業用機械器具・事務用什器・介護用品・スポーツ娯楽用品・マネキンなど幅広いリース・レンタル業に対応しています。さらに、システムの構築に際して、レンタル業に関して豊富なノウハウを持つSEによる広範囲にわたる充実したサポートによって、煩雑なリース・レンタル業務の効率化はもとより、ユーザー企業の営業力強化等、業務改革の推進支援を行います。

提供するソリューションの特色

  1. 的確な経営情報の把握
    既存システムとのデータ連携により見積から請求までの一元管理と豊富な照会機能を有します。加えて、売上・支払表や稼働率表等の管理帳票の作成により、経営判断に必要な情報を把握しやすくなります。
  2. 膨大な請求処理の自動化
    自動請求機能の活用により、現場単位・得意先単位での請求や回収条件に応じた請求を漏れなくスムーズに行えます。
  3. スピーディーな業務改革の実現
    リース・レンタル業務に必要な機能や帳票を標準装備し、その一方で、特化した業務については豊富なノウハウをもとに柔軟に対応しますので、早期のシステム立ち上げが可能です。スピードが求められる効率化や業務改革を強力にバックアップします。

発売時期

  • 2005年10月17日(月曜日)

標準販売価格

  • 8百万円~

売上目標

  • 発売後1年間で10システム(サービスを含み、約200百万円)

添付資料

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

プレス・報道関係者からの連絡先

広報お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

E-mail:solinfo@bsc.fujitsu.com


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-TGJ93T