自治体・保健所向け
チャットボットサービスで、新型コロナウイルス対策を支援

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、富士通は新型コロナウイルス感染症対策チームを設立し対応を推進し、20自治体、60保健所(2020年5月現在)に導入されています。新型コロナウイルス対応の最前線で、現場の方々と共に闘ってきた対策チームの奮闘を内側からご紹介します。

新型コロナウイルスと闘う、医療・自治体の現場

ページの先頭へ