GTM-MML4VXJ
Skip to main content

メインフレーム

コンピュータ

「メインフレーム」とは、企業の基幹業務や大学の研究などに用いられる大規模なコンピュータです。初期のメインフレームには専任オペレータが必要でした。ここでは、富士通が過去に開発した主なメインフレームをご紹介します。

※記した年は開発・発表・納入年

1954年

FACOM100

1956年

FACOM128A、FACOM128B

未来技術遺産認定
情報処理技術遺産認定

1957年

FACOM138A

情報処理技術遺産認定

1959年

FACOM212

1961年

FACOM222

1965年

FACOM230-10

1965年

FACOM270-20

1966年

FACOM230-50

1968年

FACOM230 "5"シリーズ

1968年

FACOM230-60

1970年

FACOM230-75

1973年

FACOM230 "8"シリーズ

1974年

FACOM M-190

1975年

Amdahl 470V/6

1975年

LSIパッケージMB11K搭載のMCCボード

情報処理技術遺産認定

1978年

FACOM M-200

 

FACOM M-200のLSI素子

1981年

FACOM M-380モデルグループ

1985年

FACOM M-780モデルグループ

1990年

FUJITSU M-1800モデルグループ

1990年

SURE SYSTEM 2000

1995年

GS8000シリーズ

2002年

GS21 600モデルグループ

「コンピュータ」一覧へ戻る