GTM-MML4VXJ
Skip to main content

リレー式コンピュータゾーン  <世界最古級の稼動するコンピュータFACOM128B>

「FACOM128B」は、国産初のリレー式商用計算機FACOM128Aの機能強化版として1959年(昭和34年)に製造され現在も稼動しています。

FACOM128B


facom128b-b

FACOMFujitsu Automatic COMputer

リレー式コンピュータの誕生

初期のコンピュータは真空管方式が常識でした。しかし、当時の真空管は動作が極めて不安定であったため、池田は富士通が真空管をコンピュータの素子として利用するのはハードルが高過ぎると判断しました。代わりに、当社の電話交換機で使用していたリレーを活用する道を選択し、リレー式コンピュータが誕生しました。
つまり、電子計算機ではなく”電気計算機”から富士通のコンピュータの歴史が始まりました。
このFACOM128Bは、1959年(昭和34年)から15年間日本大学理工学部で稼動していたものを大学のご厚意で移管していただき、システムを復元しております。

リレー式コンピュータとは

facom128b

リレー式コンピュータでは、リレー(電磁石を使ったスイッチ)の接点に電流が流れるか流れないかを電気回路のON/OFFに当てはめ、計算を行っています。
リレーは金属の接点が物理的に接合するため、計算に大きな音が発生します。その音があまりにも大きいため、当時は夜間11時以降の稼動は禁止されました。

中央演算処理装置(CPU)には、5,000個のリレーが使用されています。メモリ(写真)は、13,000個のリレー(13Kbit)をクロスバースイッチで結合して構成されています。
いずれも、当時の富士通の主力製品である電話交換機の技術を活用しています。
リレーは機械的に動作するため、接触不良による故障が起きやすいという問題を抱えていました。池田は、接触不良を起こしにくい回路設計や自己検査機能導入など数々の工夫を積み重ね、高い信頼性を確保することに成功しました。

FACOM128Bは実際に稼動するコンピュータとしては世界最古級のものです。それは、池田によって確立された信頼性の確たる証であり、富士通のコンピュータ開発のDNAとして今日まで受け継がれています。

FACOM128Bの紹介ビデオ

沼津工場で唯一稼動している「FACOM128B」の紹介ビデオです。