GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史 >
  6. 7. 人にやさしい豊かな社会を(2002~)

7. 人にやさしい豊かな社会を(2002~)

年表

インターネットの爆発的な普及によって、私たちの生活やビジネス、社会は大きく変化し、もはやICTなしには私たちの社会は成立し得なくなりました。富士通はこれまで培った技術力を通じて、社会の抱えているさまざまな問題を解決し、人にやさしい豊かな社会の実現をめざしていきます。

1990年代半ばからは、Windows OSの普及やパソコンの高性能化がさらに進み、2000年代に入ると、加えて、高速インターネット回線の普及により、私たちの生活にICTが急速に浸透していき、もはやICTなしには私たちの社会は成立し得なくなりました。

2010年代になると、ICTはさらに急激に変化し、スマートフォンに代表されるスマートデバイスの発達により、すべての「もの」がインターネットにつながる時代になりました。そしてインターネットでつながったあらゆるものから流れてくる膨大な情報を瞬時に分析することで、人の最適な判断を支援することができるようになりました。
富士通は、大量のデータを高速に処理するデータセンター、それを構成するサーバー、スマートフォンの通信を支えるモバイルネットワークなど、様々な形でビジネスや社会を支えています。

そして、2015年に、富士通は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ゴールドパートナーに決定しました。データセンターパートナーとして、ICT技術を通じて新たな感動の提供に取り組んでいきます。

1935年の創業以来、富士通は技術力を通じてお客様の問題を解決し、社会に貢献してきました。これからも、快適で安心して暮らせるネットワーク社会づくりに貢献するとともに、常にITの新しい可能性を追求し、新しい価値を創造し続けることにより、豊かで夢のある未来を世界中の人々に提供します。


注 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


年表
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

受賞一覧

技術、特許、社会貢献活動などの主な社外表彰を受賞順に掲載しています。

富士通研究所

IT技術をトータルに研究開発し、科学技術の発展に寄与する富士通研究所を紹介します。


GTM-NPL52N