GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史>
  6. 7. 人にやさしい豊かな社会を(2002~):年表

7. 人にやさしい豊かな社会を(2002~):年表

エピソード

2002年

 

欧州、北米のサービス事業を再編し、「富士通サービス」「富士通コンサルティング」を設立

あきる野テクノロジーセンターにて、世界で初めて90nm LSI試作量産ラインが稼働

The FUJITSU Way(現FUJITSU Way)を制定

  • 世界最高速の大型汎用機「GS21 600モデルグループ」を販売開始
  • プラットフォームコンセプト「TRIOLE」を確立
  • 植物性プラスチック部品を世界で初めてノートパソコンに採用
 

2003年

アジア各地でSARSが流行

アップル、iPodによる音楽配信サービスを開始

ミッションクリティカル領域向けの新サーバ開発協業でインテルと合意

ソリューションビジネスの戦略拠点として「富士通ソリューションスクエア」を開設

ミッションクリティカルなLinuxソリューションの分野でレッドハットとグローバル提携

  • 第3世代携帯電話の端末市場に本格参入、「FOMA F205i」を発売
  • 富士通研究所、SAWフィルタにより紫綬褒章を受章
  • 非接触型手のひら静脈認証技術を開発
 

2004年

アテネオリンピック開催

環境管理の国際規格「ISO14001」の認証を取得

サン・マイクロシステムズ、マイクロソフト、シスコをはじめとするグローバルパートナーとの戦略提携を加速

  • UNIXサーバに世界で初めて90nm半導体技術を採用した「PRIMEPOWER」を発売
  • 富士通研究所、PDPにより紫綬褒章を受章
 

2005年

京都議定書が発効

90nmテクノロジーのロジックLSI生産拠点、三重工場300mm第1棟を稼働開始

国内連結子会社でISO14001の一括認証を取得

米EDS社とグローバルなテクノロジーパートナー契約を締結

  • 世界最強の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」を発表
  • シスコとの戦略提携に基づき、次世代ハイエンドルータ「Fujitsu and Cisco CRS-1」を発売
  • 日本初のUHF帯RFID関連商品を発売
  • 非接触型手のひら静脈認証装置「PalmSecure」ビジネスをワールドワイドに展開
  • WiMAX対応の基地局と端末の双方で使える高集積化LSIを世界で初めて開発
  • 最新映像圧縮方式H.264に対応したプロセッサを発売

PalmSecure

2006年

地上デジタルTVのワンセグ放送を開始

独SAP AGとサービス分野でグローバル協業を強化

  • 300ギガバイトのシリアルATA対応2.5型HDDを世界で初めて発売
 

2007年

 

65nmテクノロジー対応の三重工場300mm第2棟を稼働開始

  • オープンシステムの新標準となる最速・高信頼性のSolaris/SPARCサーバ「SPARC Enterprise」を投入
  • ひまし油を原料とした植物性プラスチックを開発
  • 携帯電話「らくらくホン」シリーズの累計販売台数が1000万台を突破
 

2008年

北京オリンピック開催

世界同時不況

  • 北米光伝送システム(メトロWDM)市場でシェアNo.1獲得
 

2009年

オバマ大統領就任

新型インフルエンザ、パンデミック宣言出される

富士通シーメンス・コンピューターズを100%子会社化し、富士通テクノロジー・ソリューションズを設立

 

2010年

Apple社がiPad発売

クラウド・コンピューティング時代に向けた国内最大規模のショールーム・検証サポート施設「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」を開設

富士通のブランドプロミス「shaping tomorrow with you」を策定

(株)東京証券取引所の株式売買システムarrowhead稼働

 

2011年

東日本大震災

スーパーコンピュータ「京」※が世界初の10ペタフロップス超えを達成、2期連続世界1位に
※理化学研究所と富士通が共同で開発

 

2012年

ロンドンオリンピック

事業継続マネジメントシステムの国際規格「ISO22301」の第三者認証を富士通グループが世界で初めて取得

食・農クラウド「Akisai」提供開始

 

2013年

ヒッグス粒子の存在が確認される

富士山が世界文化遺産に登録される

全社ビジョン「ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ」を基軸に技術・商品を新たに体系化した「Fujitsu Technology and Service Vision」を策定

お客様・社会のイノベーションの加速に向けて、クラウド、ビッグデータ、モバイル、セキュリティ製品・サービス群を新たに体系化

 

2014年

 

EMEIA、アメリカ、アジア、オセアニア、日本の5リージョンに再編し新たなグローバルマトリクス体制を構築

ビジネス創出とグローバルエコシステム形成に向けたIoTプラットフォームを提供

 

2015年

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ゴールドパートナーに決定 (データセンター)

富士通創立80周年

デジタル革新を実現するデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」を提供

AI技術を「Human Centric AI Zinrai」として体系化

 

2016年

 

1月 環境教育出前授業が「LCA日本フォーラム奨励賞」を受賞

10月 富士通研究所、量子コンピュータを実用性で超える新アーキテクチャーを開発

 

2017年

 

2月 米フォーチュン誌「世界で最も賞賛される企業」に5年連続で選出

3月 第26回地球環境大賞を受賞

5月 2050年に向けた中長期環境ビジョン「FUJITSU Climate and Energy Vision」を策定

 

2018年

 

5月 量子現象に着想を得た、組合せ最適化問題を高速に解く「デジタルアニーラ クラウドサービス」を提供開始
   サーバシステムのTCO削減を実現する「液浸冷却システム」発売、平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞

11月 国際体操連盟、富士通の採点支援システムの採用を決定

 

注 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


エピソード
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

受賞一覧

技術、特許、社会貢献活動などの主な社外表彰を受賞順に掲載しています。

富士通研究所

IT技術をトータルに研究開発し、科学技術の発展に寄与する富士通研究所を紹介します。


GTM-NPL52N