GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史>
  6. 5. 個人にもコンピュータを(1980~1991):年表

5. 個人にもコンピュータを(1980~1991):年表

エピソード

1980年

 

コンピュータ売上高で国内トップに躍進

岩手工場を開設し、量産メモリの製造を会津工場より移管

  • 富士通研究所、超高速半導体素子「HEMT」の開発に成功
  • 日本語ワードプロセッサ「OASYS100」を発表
 

1981年

電話加入数が4000万を突破

米・カリフォルニア州にサンディエゴ工場を開設し、半導体の現地生産を開始

ロンドン証券取引所に上場

  • 世界初のフルデジタル電子交換機「FETEX-150」の1号機をシンガポールより受注
  • 当社初の光海底中継器を電電公社(横須賀通信研究所)に納入
  • 当社初のパーソナルコンピュータ「FM-8」を発表
  • 当社初のビジネスパーソナルコンピュータ「FACOM9450」を発表
 

1982年

 
  • MCI社ニューヨーク-マンハッタンプロジェクト135Mbps光システムの開通

ニューヨーク-マンハッタンプロジェクト

1983年

 

チューリッヒ、バーゼル、ジュネーブの各証券取引所に上場(現在はスイス証券取引所に統合)

  • 世界初、CMOS型256KビットEPROMを発表
 

1984年

第二電電株式会社、日本テレコム株式会社、日本高速通信株式会社が発足

米AT&Tが分割

FAI(Fujitsu America Inc.)、ダラス工場を開設

大容量メモリ・大規模ゲートアレイなどを試作・量産するため、三重工場を開設

カスタムLSIを試作・量産するため、若松工場を開設

  • 企業通信ネットワークシステム「COINS」を発表
  • 自動車電話端末の生産を開始
  • FACOM Kシリーズ」でオフコン市場トップに
 

1985年

電電公社が民営化、NTTが発足

つくば科学万博の開催

日本縦貫光ファイバーシステムが完成

つくば科学万博に単独出展

  • 米ニューヨーク-ワシントン間MAFOSプロジェクトを納入(405M光伝送システム)
  • 富士通VANサービス「FENICS」の販売を開始
 

1986年

チェルノブイリ原子力発電所事故

   

1987年

世界最長の青函トンネルが開業

   

1988年

リクルート事件、国会喚問へ

  • シンガポールにおける世界初のISDN商用サービスでデジタル電子交換機「FETEX-150」が稼動
 

1989年

消費税を導入

中国で天安門事件

ドイツでベルリンの壁が崩壊

シンボルマークとロゴタイプを一新

  • 32ビットのハイパーメディアパソコン「FM TOWNS」を発表
 

1990年

イラク軍がクウェートを侵略

東西ドイツ統一

英ICL社に80%資本参加

 

1991年

バブル崩壊

湾岸戦争が勃発

  • UNIXコンピュータ「DS/90 7000シリーズ」を発表
 
エピソード
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

製品展示室

富士通が世に送り出してきた名品の数々を紹介します。

富士通を知る

富士通をより深く知るための+αをお届けします。