GTM-MML4VXJ
Skip to main content

4. 国際標準化の波(1970~1979):年表

エピソード

1970年

大阪万博の開催

  • 富士通情報処理システムラボラトリを開設
 

1971年

ドルショック

米アムダール社に資本参加

  • 「D10形アナログ電子交換機」の納入を開始
  • プッシュホン「600P型電話機」の量産を開始
  • 自己保持形リードスイッチを世界で初めて実用化
  • 日立と次期計算機開発で提携
 

1972年

 

ビジネスリーダーの育成を目指し、ハワイに「日米経営科学研究所(JAIMS)」を設立

富士通ファナック株式会社を設立(現 ファナック)

  • 川崎市で日本最大規模の公害監視システムを稼動

JAIMS

1973年

円、変動相場制に移行

第一次オイルショック

  • SCPC方式衛星通信システム(米-スペイン間データ回線)を世界で初めて納入
 

1974年

電算機技術導入の自由化

 

1975年

 
  • アムダール社の超大形機「470V/6」をNASAに納入
  • 海底同軸ケーブルシステムを日本で初めて輸出、西独-スウェーデン間(210km、1200ch)を開通

西独-スウェーデン間海底同軸ケーブルシステム

1976年

 

フランクフルト証券取引所に上場

大型コンピュータの製造のため、沼津工場を開設

  • IBM互換機「FACOM Mシリーズ」の1号機を出荷
 

1977年

王貞治選手が通算756本塁打、国民栄誉賞第1号を受賞

  • 日本初のスーパーコンピュータ FACOM230-75 APUを開発
 

1978年

第二次オイルショック

新東京国際空港の開港

独シーメンス社とコンピュータ分野で提携

  • 世界初の衛星通信バーストモデムを米SBS社より受注
  • 64KビットDRAM(2電源方式)を世界で初めて製品化
 

1979年

電電公社、全国の電話ダイヤル即時通話網を完成

  • 米方式セルラ端末認定取得ベル研実用化試験に参画
  • コンピュータで漢字を扱える世界初の日本語情報システム「JEF」を発表
 
エピソード
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

製品展示室

富士通が世に送り出してきた名品の数々を紹介します。

富士通を知る

富士通をより深く知るための+αをお届けします。