GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史 >
  6. 3. 「通信と電子の富士通」へ(1959~1969):年表

3. 「通信と電子の富士通」へ(1959~1969):年表

エピソード

1959年

岩戸景気が始まる(~1961)

通信機器の量産のため、小山工場を開設

  • パラメトロン式電子計算機「FACOM212」第1号機を日本電子工業振興協会へ納入
 

1960年

国民所得倍増計画、閣議で決定

カラーテレビ本放送の開始

  • オープンループ制御方式の数値制御装置を日本で初めて完成
 

1961年

ソ連の「ボストーク1号」が人類初の宇宙飛行に成功

  • 当社初のトランジスタ式大型事務用計算機「FACOM222」を完成、1号機を協栄開発センターへ納入

トランジスタ

1962年

 

シンボルマークを変更

岡田完二郎社長、「限りなき発展」を提唱

 

1963年

 
  • 600形電話機の量産を開始
  • 4MHz同軸方式のトランジスタ化端局装置を納入
  • 国産のパラメトロン計算機「FACOM212」を日本で初めてフィリピン国防省、マニラ税関に輸出

600形電話機

1964年

東京オリンピック開催

  • 日本初のデータ通信システム「FACOM323」を完成、日興証券株式会社に納入
 

1965年

いざなぎ景気が始まる(~1970)

  • FACOM230-10」完成、当初5年間で1000台受注を達成し、国産ベストセラー機種に
  • 「FACOM230データ通信システム」を労働省労働市場センターに納入
 

1966年

電子工業の年間生産高が1兆円を突破

川崎工場内でICの量産を開始

電子計算機の量産のため、長野工場を開設

高信頼性運動を開始

  • PCM-24搬送装置の納入を開始
  • 「FACOMトータリゼータシステム」を完成し、日本中央競馬会に納入
 

1967年

人口が1億人を突破

公害対策基本法の施行

「富士通株式会社」に商号を変更

初めての海外駐在員事務所をニューヨークに開設

音響機器と半導体部品の量産のため、会津工場を開設

 

1968年

電話加入数が1000万台を突破

GNPが米国に次ぎ世界第2位に

株式会社富士通研究所を設立

当社初の海外現地法人「富士通カリフォルニア」を設立

神戸工業株式会社を合併し、明石工場を開設

南多摩工場を開設

  • FACOM230-60」発売、ベストセラー機に
  • 「全国地銀オンラインシステム」が稼動
  • 第一銀行(現・みずほ銀行)にオンライン預金システムを納入

全国地銀オンラインシステム

1969年

アメリカの「アポロ11号」が月面に着陸、人類が初めて月に立つ

  • クロスバ交換機「C400」を台湾に輸出
  • 日本初の海底中継器(CS-10M、900ch)を電電公社(室蘭~森)に納入
  • マレーシアに多重無線通信網(2500km)を完成
 
エピソード
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

製品展示室

富士通が世に送り出してきた名品の数々を紹介します。

シンボルマーク展示室

富士通のシンボルマークに込めた思いを紹介します。