GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史 >
  6. 2. 電話から生まれたコンピュータ(1950~1958)

2. 電話から生まれたコンピュータ(1950~1958)

年表

写真は富士通が一番初めにつくったコンピュータ「FACOM100」です。周りを取り巻くのは、「日本のMr.コンピュータ」と呼ばれた富士通の技術者・池田敏雄(右から3番目)に、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士(右から2番目)たち。このコンピュータには、当時富士通の主要事業だった「電話」に関係する部品が使われていました。

富士通信機製造株式会社は第二次世界大戦の後も電話復興事業を手がけ、政府による電信電話事業を支える指定製作所の一つとなり、急速に成長しました。

一方社内の開発部門では、「新しいビジネスに進出したい」という気運も高まりつつありました。後に「日本のMr.コンピュータ」と呼ばれる池田敏雄を中心として「電算機」の開発がスタートします。「電算機」とは今でいうコンピュータのことで、複雑で大量な計算を短時間でこなす機械です。

1950年当時、コンピュータといえば真空管方式が主流でした。しかし動作が不安定であったため、池田たちは真空管の代わりに富士通の電話交換機で長年活用され、信頼性の高い「リレー」という電話回線の切り替えスイッチを使い、1954年富士通初のコンピュータ「FACOM100」を開発します。

FACOMとは、「Fuji Automatic Computer」の略です。富士通のコンピュータが産声をあげたのは、このときのことでした。この成功により、富士通は新市場への参入の機会を得、若手技術者は創造に挑む喜びを知ることになります。


年表
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

池田記念室

コンピュータの発展に大きく寄与した富士通の開発者、池田敏雄を紹介します。

リレー式計算機 技術継承プロジェクト

世界最古級コンピュータの保守を通じ、富士通魂を伝えるプロジェクトを紹介します。