GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史>
  6. 2. 電話から生まれたコンピュータ(1950~1958):年表

2. 電話から生まれたコンピュータ(1950~1958):年表

エピソード

1950年

朝鮮戦争が勃発

  • 4号電話機 の量産を開始(月産5,000台)

須坂工場の電話機生産状況

1951年

民間放送の開始

   

1952年

日本電信電話公社が発足

独シーメンス社との技術提携が復活

シーメンス社との契約にサインする和田取締役

1953年

NHKがテレビ放送を開始

  • 無線通信装置の製造を再開
 

1954年

 
  • 既存の搬送装置を小型化したM形搬送装置を完成、電電公社による戦後の通信設備復興に貢献
  • 日本初の実用リレー式自動計算機「FACOM100」を完成
 

1955年

神武景気が始まる(~1957)

  • V形同軸搬送装置を日本初の同軸ケーブル回線(広島-己斐)に導入
 

1956年

経済白書「もはや戦後ではない」

  • 科学用計算機「FACOM128A」(当社初の商用機)を出荷
 

1957年

ソ連、世界初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功

 

1958年

東京タワーが完成

  • 全トランジスタ交換機の試作機を南極観測船「宗谷」に搭載し、現場試験を実施
  • 初のトランジスタ化搬送装置、T形短距離搬送装置の納入を開始
  • 日本初の数値制御装置「FANUC201A」を開発
  • 日本初の電算機ショールームを日比谷に開設
  • パラメトロン電子計算機「FACOM200」を完成
 
エピソード
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

池田記念室

コンピュータの発展に大きく寄与した富士通の開発者、池田敏雄を紹介します。

リレー式計算機 技術継承プロジェクト

世界最古級コンピュータの保守を通じ、富士通魂を伝えるプロジェクトを紹介します。