GTM-MML4VXJ
Skip to main content

1. はじめに通信ありき(1923~1949)

年表

「富士通」というと「パソコンや携帯電話の端末を作っている会社」というイメージがあるかもしれません。けれど実は、今も昔も変わらず、その背後に控えるもっと大きなしくみを支えている会社なのです。写真は「ステップバイステップ自動交換機」と呼ばれ、かつて電話同士をつないだ交換機です。これが富士通とどう関係しているのでしょうか?

時は、1923年にさかのぼります。関東大震災によって東京・横浜は焦土と化し、電信・電話設備も壊滅的な打撃を受けました。電話設備の復旧にあたり逓信省(現在の総務省)は、「自動交換機方式」という欧米でも導入が始まったばかりの方式の採用を決定します。

当時の電話は自動的につながらず、一度人の手を経る必要がありました。加入者数が増えれば増えるほど、人に負担がかかることになり、逓信省は、機械を導入することで、この問題を解決しようと考えました。これをきっかけとして、日本における通信の目ざましい発展が始まりました。

この発展に寄与したのが、1923年設立の「富士電機製造株式会社(現在の富士電機株式会社)」でした。もとは発電機・電動機の国産化を目的にドイツのシーメンス社と古河電気工業がつくった会社で、シーメンス社製の交換機・通信機器の輸入販売を行っていましたが、後にステップバイステップ自動交換機の国産化に成功します。

この会社から通信機部門が分離独立して1935年、「富士通信機製造株式会社」が誕生し、今日の富士通が始まりました。富士通は「通信(Communications)」という公共性の高いインフラの発展に、先端技術をもって貢献する会社として出発したわけです。


年表
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

製品展示室

富士通が世に送り出してきた名品の数々を紹介します。

富士通を知る

富士通をより深く知るための+αをお届けします。