GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 早わかり 富士通の歴史>
  6. 1. はじめに通信ありき(1923~1949):年表

1. はじめに通信ありき(1923~1949):年表

エピソード

1923年

関東大震災で電話網が壊滅(当時の電話加入数は8.3万)

発電機・電動機の国産化のため、古河電気工業株式会社と独シーメンス社が富士電機製造株式会社(現・富士電機株式会社)を設立

 

1925年

 
  • 富士電機、独シーメンス社製電話機とステップバイステップ自動交換機の輸入販売を開始
 

1927年

金融恐慌が発生

   

1929年

世界恐慌が発生

   

1931年

満州事変

逓信省が交換機の国産化を奨励

 

1932年

5.15事件

   

1933年

日本、国際連盟を脱退

  • 富士電機、ステップバイステップ自動交換機の自社開発第一号機を逓信省に納入


ステップバイステップ自動交換機

1934年

   

1935年

 

富士電機の電話部所管業務(交換、伝送)を分離し、富士通信機製造株式会社(現・富士通株式会社)を設立(資本金300万円、従業員700名)


戦前の電話機広告

1936年

2.26事件

  • 中国・華北通信局に300回線自動交換機を納入
 

1937年

 
  • 無装荷ケーブル搬送装置の認定を取得、逓信省指定製造所となる
  • 搬送装置第一号製品を南満州鉄道株式会社に納入
 

1938年

 

新工場(現・川崎工場)を竣工し、富士電機の川崎工場より移転

川崎に新工場を竣工

1939年

第二次世界大戦が始まる

無線分野に進出

 

1940年

 
  • 日本初の国産自動交換機「T形交換機」を逓信省に納入
  • 電力線搬送装置の生産を開始
 

1941年

太平洋戦争始まる

   

1942年

 

電話機および通信機の量産のため、須坂工場を開設

 

1945年

電話加入数108万のうち半数が戦争で被災

広島および長崎に原子爆弾投下

第二次世界大戦が終結

戦後の電話設備復旧に貢献するため、逓信院に対する大量の電話機の年内納入を決定

  • 当社製電話機、富士形3号電話機として逓信省が正式採用
 

1946年

世界初の電算機「ENIAC」がアメリカで完成

東京出張所を販売機関として開設

 

1947年

新憲法施行

   

1949年

ドッジライン

為替レートが1ドル360円に

郵政省および電気通信省が発足

湯川秀樹、ノーベル賞を受賞

東京証券取引所の再開と同時に新株式を上場

 
エピソード
早わかり 富士通の歴史 トップへ戻る

ピックアップ

製品展示室

富士通が世に送り出してきた名品の数々を紹介します。

富士通を知る

富士通をより深く知るための+αをお届けします。