Systemwalker Operation Managerにおいて、Active Directory環境で、ユーザーにパスワードの有効期限を設定した場合、Systemwalker Operation Managerの観点での注意点を教えてください。

Active Directory環境で、ユーザーにパスワードの有効期限を設定した場合、Systemwalker Operation Managerの観点での注意点を教えてください。
以下の点に注意してください。

■Systemwalker Operation Manager V13.0.0~V13.3.1で、スタートアップアカウントにActive Directoryのユーザーを使用する場合
スタートアップアカウントには「無期限パスワードが設定されていること」が条件になっています。
そのため、スタートアップアカウントにActive Directoryのユーザーを使用する場合は、有効期限を設定しないでください。

■Systemwalker Operation Managerのクライアントへのログイン時にActive Directoryのユーザーを使用する場合
Active Directoryのユーザーを使用していて、パスワードの有効期限が切れていた場合、Systemwalker Operation Managerのクライアントへのログイン時の認証に失敗します。

■ジョブの所有者にActive Directoryのユーザーを使用する場合
Systemwalker Operation Managerで[ジョブを所有者の権限で実行する]の設定を有効にしていて、プロジェクトの所有者にActive Directoryのユーザーを設定している場合、そのプロジェクト配下のジョブはActive Directoryのユーザーでジョブが実行されます。パスワードの有効期限が切れていた場合、認証に失敗するため、ジョブが実行できなくなります。

■業務連携のパスワード管理簿でActive Directoryのユーザーを登録する場合
業務連携では、動作に必要なユーザーのパスワードをパスワード管理簿に登録します。そのため、パスワードの有効期限が切れていた場合、認証に失敗するため、業務連携機能が使用できなくなります。

製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13
プラットフォーム Windows
アンサー種別 共通
このページの先頭へ