Systemwalker Operation Managerで、正常終了コードの上限値を1以上に設定しているジョブについて、ほかのジョブからそのジョブが終了コード0で終了しているのか、それとも1以上に設定した正常終了コードの上限値より小さい値で終了しているかを判別できませんか?

正常終了コードの上限値を1以上に設定しているジョブについて、ほかのジョブからそのジョブが終了コード0で終了しているのか、それとも1以上に設定した正常終了コードの上限値より小さい値で終了しているかを判別できませんか?
できます。
jobschprint -pコマンドでジョブの状態を確認できます。
また、環境設定で[疑似正常を有効とする]を有効にすることで、終了コード0で終了しているのか、0以外で正常終了しているのかを判別できます。
製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13, V12, V11
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ