Systemwalker Operation Managerで、[ジョブネットの確認操作を有効にする]にチェックを入れた場合、入れなかった場合の動きについて教えてください。

[ジョブネットの確認操作を有効にする]にチェックを入れた場合、入れなかった場合の動きについて教えてください。
[ジョブネットの確認操作を有効にする]にチェックを入れると、ジョブネットが異常終了した場合、「確認」操作を実施するまで、異常終了のままとなり、次回の起動条件を満たしてもジョブネットは起動されません。ジョブネットを起動するためには、「確認」操作を実施し、ステータスを「確認済み」としてください。

[ジョブネットの確認操作を有効にする]のチェックがない場合、何らかの異常対処が必要であった場合でも次回起動条件を満たしたときにはジョブネットが起動されます。

[強制終了を確認操作の対象とする]にチェックを入れた場合、上記と同じ動作をジョブネットが強制終了した場合にも行うことができます。

製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13, V12, V11
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ