Systemwalker Operation Managerで、間隔起動のジョブネットに対するjobschcontrolコマンドについて、オプションのpauseとdisableの違いを教えてください。

Systemwalker Operation Managerの技術情報はこちら

間隔起動のジョブネットに対するjobschcontrolコマンドについて、オプションのpauseとdisableの違いを教えてください。
pause(停止)状態と、disable(無効)状態の違いは以下のとおりです。

■pause(停止)状態
停止中にジョブネットの起動条件が満たされた場合は、停止解除とともにジョブネットは実行されます。ジョブネットの停止中に、ジョブネットの2度目の起動条件が満たされた場合、2度目の起動条件のジョブネットは実行されません。停止解除とともに最初の起動条件のジョブネットが実行されます。

■disable(無効)状態
無効状態で起動時刻が到来した場合、起動時刻が到来した時点でスキップされ、疑似的に正常終了の状態になります。無効中に次の起動時刻が到来した場合、ジョブネットは起動時刻が到来するごとにスキップされます。

間隔起動のジョブネットについても上記と同一の動作をします。
製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 共通
このページの先頭へ