クラスタ環境で、poperationmgrコマンドでSystemwalker Operation Managerが正常に停止したことを確認する方法を教えてください。

クラスタ環境で、poperationmgrコマンドでSystemwalker Operation Managerが正常に停止したことを確認する方法を教えてください。
クラスタを停止しpoperationmgrを実行すると、下記のプロセスが停止します。psコマンドの実行結果から下記プロセスが停止されていることを確認してください。

■運用系のプロセス
  • MpFwsec(セキュリティ)
  • f3crhcs2(カレンダ)
  • mpjmsrv、jmnetsv(基盤)
  • mjsdaemon、mjsnetsv(ジョブ実行制御)
  • tskmnsrv(ジョブスケジューラ)

■待機系のプロセス
  • MpFwsec(セキュリティ)
  • f3crhcs2(カレンダ)
  • mpjmsrv、jmnetsv(基盤)

また、Systemwalker Operation ManagerとSystemwalker Centric Managerの共存環境では、poperationmgrコマンドだけではSystemwalker Centric Managerと共通で使用しているACL Managerのプロセス(MpFwsec)が停止しません。
poperationmgr -sコマンドを実行してください。

クラスタシステムは、Systemwalker Operation Manager Enterprise EditionおよびSystemwalker Operation Manager Global Enterprise Editionで利用できます。
製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V12
プラットフォーム Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ