Systemwalker Operation Managerで、スケジュールサーバをStandard Edition、実行サーバをEnterprise Editionの構成にした場合、機能制限などはありませんか?また、メッセージ連携についても問題ありませんか?

スケジュールサーバをStandard Edition、実行サーバをEnterprise Editionの構成にした場合、機能制限などはありませんか?また、メッセージ連携についても問題ありませんか?
特に機能制限はありません。また、メッセージ連携についても問題ありません。Enterprise Editionは、Standard Editionの機能拡張版に相当し、Enterprise EditionをStandard Editionと同じように使用することに、問題点や制限などはありません。
なお、注意事項として、Enterprise EditionからStandard EditionのSystemwalker Operation Managerに対してメッセージ事象を発生させる場合は、以下のスクリプトを実行してください。

【Windows版】
[jobschmsgevent.bat]

set JOBSCH_SUB_SYSTEM=
jobschmsgevent %*
setecode.exe %ERRORLEVEL%

上記スクリプトを実行するためのジョブのコマンド名欄の例を示します。

 ドライブ名:¥パス名¥jobschmsgevent.bat MsgA HostName

【UNIX版】
[jobschmsgevent.sh]

#!/bin/csh
unsetenv JOBSCH_SUB_SYSTEM
jobschmsgevent $*
exit $status

上記スクリプトを実行するためのジョブのコマンド名欄の例を示します。

 /パス名/jobschmsgevent.sh MsgA -h HostName

製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13, V12, V11
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 共通
このページの先頭へ