Systemwalker Operation Managerで、新旧バージョンが混在したときのサーバとクライアントの接続可能範囲と接続時の機能範囲を教えてください。

新旧バージョンが混在したときのサーバとクライアントの接続可能範囲と接続時の機能範囲を教えてください。
新バージョンのクライアントから、旧バージョンのサーバには接続できます。この場合、Systemwalker Operation Managerサーバ側で提供されていない機能は使用できません。

なお、旧バージョンのクライアントから、新バージョンのサーバには接続できません。
バージョンレベル間の機能差についての詳細は、以下のマニュアルを参照してください。

 Systemwalker Operation Manager V16.0.0 リリース情報
  付録A バージョンレベル間機能差一覧

また、異なるバージョンのクライアント・サーバ間接続のサポート範囲についての詳細は、以下のマニュアルを参照してください。

 Systemwalker Operation Manager V16.0.0 解説書
  付録A 旧バージョンとの整合性
   A.1 クライアント・サーバ接続のサポート範囲

なお、上記以外の製品バージョン/レベルについては、該当するマニュアル箇所を参照してください。
製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 共通
このページの先頭へ