Systemwalker Operation Managerで使用するポート番号が、別製品ですでに使用されていた場合はどのようになりますか?

Systemwalker Operation Managerで使用するポート番号が、別製品ですでに使用されていた場合はどのようになりますか?
サービスの起動に失敗します。その際、以下のようなメッセージが出力されます。

 MpJmSrv: ERROR: bind() Address already in use
 MpJmCal: ERROR: 0007: init_socket SSock <bind>() Address already in use (125)
 MpJobsch: ERROR: 0412: bind() Address already in use
 MpJobsch: ERROR: bind() Address already in use
 MpMjes: ERROR: 10110: mjsnetsv : Failed in the bind of port number <number>/tcp.
 MpMjes: ERROR: 10111: jmnetsv : Failed in the bind of port number <number>/tcp.
 0xA818:通信制御部の初期処理で、制御パス確立受付けソケットのバインドに失敗しました。
 0xA819:通信制御部の初期処理で、業務連携エンジン検索受付けソケットのバインドに失敗しました。
 0xA81A:通信制御部の初期処理で、業務連携エンジン業務連携接続ソケットのバインドに失敗しました。
 MpAosfB: エラー: 3016:アクション実行サーバが起動されていません。ホスト名:hhhh
 mpnjsosv: エラー: 10264: 通信制御部の初期処理で、制御パス確立受付けソケットのバインドに失敗
しました。
 mpnjsosv: エラー: 10266: 通信制御部の初期処理で、業務連携エンジン業務連携接続ソケットの
バインドに失敗しました。
 0xe00aa201:サービス起動処理監視がタイムアウトしました。
 Webサーバのセットアップに失敗しました。

これらのメッセージが出力された場合の対処について詳細は、以下のマニュアルを参照してください。

 Systemwalker Operation Manager V16.0.0 トラブルシューティングガイド
  第2章 共通のトラブルシューティング
   2.1 インストールに関するトラブル
    2.1.5 NetWorker等との共存環境でSystemwalker Operation Managerのエラーメッセージが表示される

  第8章業務連携に関するトラブルシューティング
   8.4 クライアント業務連携エンジンの動作がおかしい
    8.4.1 クライアント業務連携エンジンの起動時にエラーが発生する

製品・サービス区分 Systemwalker
製品・サービス情報
対象製品 Systemwalker Operation Manager
バージョン V16, V13
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux, HP-UX, AIX
アンサー種別 構築(導入/移行)
このページの先頭へ