JDBCドライバがサポートしている機能について

JDBCドライバがサポートしている機能を教えてください。
Symfoware JDBCドライバでは、以下の機能をサポートしています。

JDBC2.1以前からある機能

  • 標準機能(Core API)

    - データベースとの接続/切断

    - データ操作(データ参照、データ更新、パラメタ指定)

    - トランザクションの管理
     (自動/手動トランザクション、コミット/ロールバック、トランザクションモード)

    - ストアドプロシジャの実行

    - データベースのメタデータの取得(データベースの定義情報を取得する機能)

    - 例外についての情報の取得
     (アプリケーション実行時に発生したエラーに関する情報を取得する機能)

    - バッチ更新機能

    - カタログ取得関数強化

    - オブジェクト型(getObject)サポート

    - BLOB型(getBLOB)のサポート

    - 新しいデータ型に関するAPIへの対応(BLOB、CLOB、オブジェクト型)

    - ResultSetの更新


  • 拡張機能(JDBC 2.0 Optional Package)

    - JDBCデータソースを使用したデータベースとの接続(接続先データベースに
     関する情報を、アプリケーションとは別に管理し、データベースに接続する機能)

    - コネクションプーリング(データベースへのコネクションをキャッシュする機能)

    これらの機能を利用する場合、JNDIクラスライブラリおよびJDBC 2.0 Optional Packageが必要です。なお、JDK1.4以降をご利用の場合は、JDKにJNDIクラスライブラリおよびJDBC 2.0 Optional Packageの機能が同梱されています。
    JNDIクラスライブラリおよびJDBC 2.0 Optional Packageの詳細については、JNDIのホームページを参照してください。


JDBC 3.0でサポートされた機能

  • ResultSetの保持
  • 新しいデータ型に関するAPIへの対応(BOOLEAN、DATALINK/URL)
  • 同時に複数のResultSetを利用可能

JDBC 4.0でサポートされた機能

  • ROWID型サポート
製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux
アンサー種別 技術サポート
このページの先頭へ