Symfoware Serverが使用しているディスクのI/O回数が高い原因について

Symfoware/RDBのデータベーススペースを配置しているディスクのI/O回数が高い状態になりました。原因と対処方法を教えてください。

[原因]

共用バッファの不足が原因の可能性があります。
共用バッファの不足が発生すると、共用バッファの空きページを確保するために共用バッファの書戻しと追出しを行います。この書戻しと追出しにより、データベーススペースを配置しているディスクへのI/Oを行うため、I/O回数が増加します。

共用バッファの状況(WbPage:書戻しを行ったページ枚数、TbPage:追出しを行ったページ枚数)は、以下のコマンドで確認可能です。
・rdbsarコマンドの-b -eオプション
・rdbpmreportコマンドの-c dbbufferオプション

[対処方法]

以下のいずれかの対処を実施してください。
1)以下のような対処により、アクセスするデータを絞り込むことで、共用バッファの使用ページ数を減らす。
  ・データの絞り込みに有効なインデックスを使用する
  ・探索条件を変更する
2)共用バッファのバッファ枚数を増やす。
3)複数のDSIで共用バッファを共有利用している場合は、DSIごとに共用バッファの割り当てを行う、または共用バッファとDSIの対応関係を見直す。

なお、共用バッファを変更するとRDBシステムで使用するメモリ量も変わるため、使用メモリ量を再見積りする必要があります。

詳細は以下のマニュアルを参照してください。
  Symfoware Server V12.2.0 RDB運用ガイド
   (Linux/Solaris版)
     7.4 共用バッファプールの開設と登録
    付録B 共用バッファプールの見積り方法
   (Windows版)
     7.5 共用バッファプールの開設と登録
    付録B 共用バッファプールの見積り方法

  Symfoware Server V12.2.0 セットアップガイド
   (Linux/Solaris版)
     4.1 RDB構成パラメタファイルによる定義
     付録D メモリの見積り式
   (Windows版)
     4.1 RDB構成パラメタファイルによる定義
     付録G メモリの見積り式

  Symfoware Server V12.2.0 コマンドリファレンス
    第2章 RDBコマンド
      rdbconbf
      rdbcrbf
なお、上記以外の製品バージョン/レベルについては、該当するマニュアル箇所を参照してください。

製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ