Symfoware Serverのrdbrcvdicコマンドまたはrdbrcvコマンド実行時のqdg13528eのエラーについて

rdbrcvdicコマンドまたはrdbrcvコマンドを実行すると、「qdg13528e:内容が不完全であるため DSI's*.t*'の復元に失敗しました u*」というエラーになりました。原因と対処方法を教えてください。

[原因]

以下のいずれかが原因です。
1)以下のrdbdmpdicコマンドで取得したバックアップデータを使用して、rdbrcvdic(-ddlオプション無し)を実行した
  a)別のRDBシステムで取得したバックアップデータ
  b)初期化されていないDSIが存在する状態で取得したバックアップデータ
2)DSIが初期化されていない状態で、rdbrcvコマンド(-Dオプション指定有り)を実行した

[対処方法]

それぞれ、以下の対処を実施してください。

[原因1)-a)の対処]
・Active DB Guardを利用していない場合
  rdbdmpdicコマンドで取得したバックアップデータは、同一のRDBシステムへの復元を目的としたものです。同一RDBシステムで取得したバックアップデータを使用してください。
  ※別のRDBシステムへデータ移行する場合は、以下の手順で移行してください。
    1)移行先のRDBシステムにて、rdbddlexコマンドで移行元と同じデータベース定義を実施する
    2)移行元のRDBシステムにて、rdbunlコマンドでDSIのデータをファイルに出力する
    3)移行先のRDBシステムにて、2)で出力したファイルを使用してrdbsloaderコマンドでDSIにデータをロードする
・Active DB Guardを利用している場合
  Active DB Guardのセットアップ時のデータベース環境の複写操作にて発生した場合は、以下のセットアップ手順が誤っています。
  - 複写元システムにて、定義されているすべての表のDSIのバックアップデータを取得していない
  - 複写先システムにて、rdbrcvdicコマンド(-ddlオプション指定無し)を実行している

[原因1)-b)、原因2)の対処]
  1)Symfoware/RDBが起動されていない場合、Symfoware/RDBを起動してください。
  2)qdg13528eメッセージ中に出力されたDSIに対して、rdbfmtコマンドで初期化するか、rdbsloaderで創成してください。
    
詳細は以下のマニュアルを参照してください。
  Symfoware Server V12.2.0 RDB運用ガイド
    第11章 異常時の運用
  Symfoware Server V12.2.0 コマンドリファレンス
    第2章 RDBコマンド
  Symfoware Active DB Guard V12.2.0 設計・セットアップガイド
    第2章 セットアップ
      2.11 データベース環境の複写
なお、上記以外の製品バージョン/レベルについては、該当するマニュアル箇所を参照してください。

製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ