Symfoware Server運用時のアーカイブログ満杯事象の原因について

運用中にアーカイブログが満杯状態になりました。 原因と対処方法を教えてください。
[原因]
アプリケーションで、大量のデータベースの更新操作(INSERT文/DELETE文/UPDATE文)を行い、見積り量以上の更新ログがアーカイブログに書き出された可能性があります。
アーカイブログの満杯事象は、当初想定した更新ログ量を超える運用となった場合や、更新ログ量の見積り誤り、アーカイブログのバックアップ運用が適切にできていない場合に発生します。
また、アプリケーションの予期しない動作(アプリケーションの誤り等)が原因で更新ログ量が増加して発生する場合も考えられます。

[対処方法]
アプリケーションから、誤って大量のデータベースの更新操作(INSERT文/DELETE文/UPDATE文)が行われることがないかを確認してください。アプリケーションに問題がない場合は、アーカイブログに取得する更新ログ量の再見積りを行い、アーカイブログファイルの追加、または再作成を行ってください。

大量のデータベースの更新操作を行ったアプリケーションの情報(ロードモジュール名、プロセスID等)は、以下の情報から特定することができます。
・rdbsarコマンドで出力される "BiBlock /AiBlock" の情報
・rdbpsコマンドで出力される SQL-Information の情報  "Exec(Ins/Upd/Del/Sel/Opn/Cal)"

詳細は以下のマニュアルを参照してください。
   Symfoware Server V12.2.0 セットアップガイド
  (Linux/Solaris版)
     付録C 資源の見積り式
       C.3 ログ量の見積り式
       C.6 テンポラリログファイルの見積り式
       C.7 アーカイブログファイルの見積り
   (Windows版)
     付録E 資源の見積り式
       E.3 ログ量の見積り式
       E.6 テンポラリログファイルの見積り式
       E.7 アーカイブログファイルの見積り
   Symfoware Server V12.2.0 RDB運用ガイド
     第9章運用環境の変更
       9.3 アーカイブログファイルの変更
         9.3.1 アーカイブログファイルの追加
   Symfoware Server V12.2.0 コマンドリファレンス
     第2章 RDBコマンド
       rdblog
       rdbps
       rdbsar
なお、上記以外の製品バージョン/レベルについては、該当するマニュアル箇所を参照してください。

 

製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ