Symfoware Server Mirroring Controllerにおける、インデックスDSIの縮退指定変更手順について

Symfoware Server Mirroring Controllerを利用しています。インデックスDSIに対し、rdbgcdsiコマンドでDSIの再編成を行い、rdbalidxコマンドでインデックスの縮退指定ありに変更する手順を教えてください。

以下の手順で実施してください。

  1) dxsvstopコマンドでDBミラーリングサービスを通常停止(正系ノードで実施)
  2) rdbrtrコマンドでインデックスDSIおよびインデックスが属する表DSIに参照更新抑止の利用規定を設定(両ノードで実施)
  3) rdbgcdsiコマンドでインデックスDSIを再編成(両ノードで実施)
  4) rdbrlsコマンドでインデックスDSIおよびインデックスが属する表DSIの参照更新抑止の利用規定を解除(両ノードで実施)
  5) rdbalidxコマンドでインデックスDSIの状態を縮退指定ありに変更(両ノードで実施)
  6) dxsvstart(-cオプション)コマンドで正系ノードのDBミラーリングサービス開始(正系ノードで実施)
  7) dxsvstart(-rオプション)コマンドで副系ノードのDBミラーリングサービス開始(副系ノードで実施)
詳細は以下のマニュアルを参照してください。
  Symfoware Server V12.1.0 コマンドリファレンス
    第2章 RDBコマンド
  Symfoware Server V12.1.0 Mirroring Controllerコマンドリファレンス
    第2章 Mirroring Controllerコマンド

なお、上記以外の製品バージョン/レベルについては、該当するマニュアル箇所を参照してください。
製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows,Solaris,Linux
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ