Symfoware ServerのDSIがアクセス禁止状態になる原因について

DSIがアクセス禁止状態になる原因として、どのようなものがありますか?
アクセス禁止になる要因としては一般的に以下の場合があります。

[ハードウェア障害]

  • ディスク装置の故障など、ハードウェアが異常な状態にあった場合
  • アクセス時にデバイスの活性化が行われていなかった場合
  • デバイスのアクセスに失敗(リソース不足など)した場合

[メディアリカバリの異常]

  • rdbrcvコマンドに失敗した場合

[ ロールバックの異常]

  • rdbrtrコマンドで当該DSIを「リカバリを適用しない運用」の状態としデータ更新を行ったが処理異常が発生してしまった場合
  • rdbsloaderコマンドで異常が発生した場合

[rdbsaloaderコマンドでの追記処理の異常]

  • rdbsaloaderコマンドで異常が発生した場合

[RDBコマンドの実行]

  • rdbinhコマンドでアクセス禁止にした場合

アクセス禁止状態の設定状況や原因については、rdbinfコマンドを用いて確認することができます。

rdbinfコマンドの詳細は、以下のマニュアルを参照してください。

  Symfoware Server V11.0.0 コマンドリファレンス
    第2章 RDBコマンド
      2.31 rdbinf

なお、上記以外の製品バージョン/レベルについては、該当するマニュアル箇所を参照してください。

製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux
アンサー種別 運用/保守
このページの先頭へ