Symfoware ServerにNAT変換を利用する複数のクライアントマシンから接続した場合のJYP2023Eエラーについて

負荷テストを行うために2台のWindows PCを用意し、NAT変換で1台のクライアントのように見せて接続しています。このとき、1台目で接続後、2台目から接続すると、すでに接続済の1台目で「JYP2023E:現コネクションが存在しません」というエラーになります。原因と対処方法を教えてください。
[原因]
NAT変換で2台のクライアントがSymfoware Serverからは同一マシンのように見えている場合、2台のWindows PCの起動時刻が60秒以上異なっていると、Symfoware Serverは同一のクライアントマシンが再起動されたと認識します。そのため、先に接続したコネクションを回収します。コネクションが回収された状態で、アプリケーションがSQLを発行すると、JYP2023Eのエラーになります。

[対処方法]
SymfowareはIPアドレスのNAT制御についてサポートしていません。そのため、クライアント側のIPアドレスについてNAT変換せずに接続してください。

製品・サービス区分 Symfoware
製品・サービス情報
対象製品 Symfoware Server (Native Interface)
プラットフォーム Windows, Solaris, Linux
アンサー種別 技術サポート
このページの先頭へ