GTM-MML4VXJ
Skip to main content

取り組み(事例)紹介

製品に含まれる化学物質の削減に取り組んでいる事例をご紹介します。

化学物質管理の仕組みづくりへの貢献

富士通グループでは、化学物質管理への取り組みはサプライチェーン全体の課題であるとの認識から、業界団体であるアーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)などの活動に参画し、効率的に情報を伝達する仕組みの構築・普及に貢献しています。

富士通グループではJAMPが普及推進する製品含有化学物質の情報伝達共通スキームであるchemSHERPAを活用し、REACH規則の対象物質はもちろん、「富士通グループ指定含有管理物質」に指定した有害性が懸念される物質も含めて、含有の有無や使用用途を把握・管理しています。今後は、chemSHERPA で収集した調達品に含まれる化学物質に関するデータをもとに、危険性が判明した化学物質を含有する調達品の代替を進めることで、化学物質による人および環境への影響の最小化に寄与していきたいと考えています。