GTM-MML4VXJ
Skip to main content

社内表彰制度を通じた意識啓発

「環境貢献賞」の実施

富士通グループでは、社員の環境意識の向上を図るため、グループ全組織と全社員を対象に、環境に貢献しているビジネスや活動を表彰する「環境貢献賞」を1995年から毎年実施しています。

2018年度も多岐にわたる分野から多くの応募が多く集まり、ブロックチェーンを活用した電力融通取引技術、SMD対応超小型全固体電池の開発、ドローンの映像からAI技術を活用した絶滅危惧種のモニタリング、人工衛星とデブリが衝突する可能性を正確に把握・予測する宇宙状況把握システム、有機排ガス除去装置に充填されている活性炭の再生技術による廃棄物削減、スマートフォンリサイクルで2020金メダルなど、表彰しました。

2018年度環境貢献賞「環境大賞」受賞案件

  • エッジAI技術による生活機器の快適性向上と省電力化
    富士通ゼネラル製のエアコン・ノクリアXシリーズに、富士通、富士通研究所が開発した、エアコン業界初となる「エッジークラウド連携システム」によるAIを搭載しました。リアルタイムな制御と高度な学習機能を備え、人それぞれの快適性に合わせた自動運転が可能になると共に、高い省エネ性能を実現しています。

nocriaXnocria®X AS-X22J