GTM-MML4VXJ
Skip to main content

生物多様性保全活動を行う団体に生物調査ツールを無償で提供

生物多様性保全活動をもっと推進したいと考えている団体をご支援します。 クラウドサービス利用環境を無償で提供します。

富士通グループは、ICTの力で地球環境課題の解決に貢献し、持続可能な地球と社会を実現することを目指しています。昨今、地球上の生態系の劣化が進むなか、生物多様性の保全は地球規模の課題となっています。当グループは「富士通グループ生物多様性行動指針」を策定し、ICTを活用した生物多様性保全を重点施策の一つとして掲げています。

生物多様性の保全策を検討するにあたり、対象となる地域に生息・生育する動植物を的確に把握する必要があります。そうした調査は従来、専門家が現地に赴いて地図に描き起こしていく方法が一般的であり、データのデジタル化に大変手間と時間がかかる作業でした。本サービスを活用すると、このような調査・記録・分布図作成が効率化・自動化され簡単に行うことができます。

富士通グループは、これまで、「全国タンポポ調査」や「釧路湿原周辺部 のタンチョウ保全」、「北海道東部のシマフクロウ生息域調査」等、保全活動 の現場にICTを活用した支援を行ってきました。今回、本サービスを利用する 団体を公募し、富士通グループの技術を活かした支援をさらに拡大します。

募集要項

【募集対象】
営利目的でない、行政、NPO法人、教育機関などの組織が行っている日本国内での自然環境保全に貢献する活動。
【募集件数】
10件
【募集期間】
2013年1月7日~2013年2月28日
【応募方法】
所定の応募用紙に必要事項を記入の上、下記応募先に期日まで電子メールにて送付して頂きます。
【選考】
応募内容について書類選考を行い、個別に選考結果をご連絡します。
【利用方法等】
選考結果をご連絡後、ご利用頂くサービス環境、ご利用方法、データ管理方法等の詳細をご説明致します。また利用にあたり弊社との協定書の締結が必要となります。
【利用期間】
2013年4月1日より、原則1年間(最大3年間)、ご利用可能です。
【お願い事項】
収集された情報は原則ホームページ上に公開とします。また、活動結果を半年に1回、書面にてご報告して頂きます。
【応募先】
富士通株式会社 環境本部 環境企画統括部 E-mail: env-biodiversity@ml.css.fujitsu.com (専用メールアドレス)

ダウンロード