GTM-MML4VXJ
Skip to main content

IoTで未来を描くワークショップ

IoTで未来を描くワークショップ~ IoT Future UX ~

Workshop

IoTの活用によって、「人の働き方が変わる」「プロセスが効率化される」「新たな商品やサービスが生まれる」と様々な効果が期待されていますが、活用にあたっては、まずはお客様の未来のビジョンを策定することが重要です。 お客様との対話の中から生まれた500件以上のアイデアをもとに、 富士通オリジナルのツール(「WebコアInnovation Suite」)と手法で、お客様のデジタル革新を実現するお手伝いをします。

こんなお客さまへ

  • IoTに関心があるが、
    何から始めたらよいか
    わからない。
  • センサー情報の可視化など、
    最新のソリューションを
    体験したい。
  • Iotの最新の動向や
    導入事例、利用シーンに
    ついて知りたい。

Stepワークショップの流れ(例)

富士通のIoTの取り組みや事例、アプローチ手法などを関連ソリューションを交えてご紹介します。
ワークショップでは、ウェアラブルデバイスを実際にご体験いただきながら、
お客様の課題や目指す未来の姿を整理します。

プレゼンテーション&
デモンストレーション

最新のIoT活用について、プレゼンテーションや
体験デモンストレーションなどを通じてご紹介します。

〈デモンストレーション例〉
  • 作業員の安全管理/作業の安全性向上
  • 工場における作業員の位置情報管理
  • 厳しい環境で働く現場作業者の見守り
など

富士通オリジナルのワークショップ形式
によるディスカッション

インスピレーションカードを使って、IoT活⽤で実現できる未来について考えます。
整理した課題や方向性をお持ち帰りいただきます。

  1. Step 01カードを選ぶ

    お客様ひとりひとりに、ご自分が共感するインスピレーションカードを選んで頂きます。

  2. Step 02アイディアの深堀り

    選んだカードをもとに、 経験豊富な専門家によって、
    課題や目標を深掘りしていきます。

  3. Step 03ビジョンを考え、意見をまとめる。

    検討した結果を、ビジョンスケッチとして一枚の紙にまとめていきます。
    全員で共有することで施設立案へとつなげます。

Voiceお客さまの声

ワークショップに参加されたお客様の声の一部をご紹介します。

  • ワークショップは紙で行うイメージでしたが、デジタル化するとこんな風にまとめられるのかと実感できました。(製造)

  • 普段は現状どうするか考えがちですが、現状から離れ、将来どうなりたいかを考えることの大切さを体感できました。
    まさにイノベーションはこうやって生まれると実感しました。(製造)

  • 自社でのアイデア出しに行き詰っていましたが、ツールのクオリティが高く、アイデア発散に非常によい機会でした。(通信)

  • IoTの概念、アイデア出し、分類まで体系的に学べ、IoTの理解が深まりました。(製造)

PDF版ダウンロード

138-BFF-042